川越市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

17 view

川越市は埼玉県を代表する観光都市として知られる街です。江戸時代の風情を残す「小江戸」エリアには、毎日たくさんの観光客が訪れ、街の中心にそびえる「時の鐘」は川越市のシンボルとして親しまれています。また、ベッドタウンとしても知られる川越市は、東京方面に出勤するビジネスパーソンやファミリー層にも人気の街です。今回は、そんな川越市で注文住宅を建てる際に知っておきたいポイントを紹介します。

 

川越市の人口や面積、地形の特徴は?

川越市の人口は約35万人(埼玉県推計人口(時系列データ)を参照)で、埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ3番目に人口規模の大きい都市です。面積は109.1キロ平方メートルで県内7位、人口密度は30位前後となっており、大きな都市である一方で人口密度は比較的に高くありません。

豊かな自然を抱え、緑が豊富な川越市は、荒川、新河岸川、入間川といった大小の河川によって地形が形造られ、川の近くでは季節によって野鳥の観察もできるほど自然の保たれた環境が整っています。街の大部分は武蔵野台地に位置し、比較的坂も少ない環境であるため、自転車で市内を行き来する際も大きな不便は感じることがないでしょう。

ただし、川の付近は低地となっており、洪水の際は浸水の危険も考慮しなければなりません。川越市に注文住宅を建てる際は、地域のハザードマップを参考にエリアをしっかり検討する必要があるでしょう。

 

東京だけじゃない!川越市の交通アクセスは県内も網羅

川越市には、東武東上線、JR川越線、そして西武新宿線の3路線が乗り入れています。東武東上線は池袋へのアクセスはもちろん、副都心線や有楽町線とも直通運転をしているため、都心や渋谷・横浜方面にも一本で行ける便利な路線です。そうした東京方面への利便性の良さから、川越市はベッドタウンのひとつとしても知られています。

埼玉県内の鉄道路線は、東京への利便性は優れている一方、埼玉を東西に結ぶ路線が多くありません。そのため、東京へは行きやすくても、県内を横に移動するのが難しいという側面が埼玉県にはあります。その点、JR川越線や西武新宿線が乗り入れている川越市は、東京へのアクセスのみならず、さいたま市や飯能市、所沢市といった埼玉県の横のアクセスもしやすい地域です。

また、川越市は観光地でもあるため、バス網も充実しています。市内には、東武バスと西武バスの他、市が運航する川越シャトルバスも各地を巡回しており、市内はもちろん隣接する鶴ヶ島市やふじみ野市にもバスに乗って移動することができます。このように、川越市は鉄道、バスといった公共交通機関が発達しているため、県内や県外、市内や市外への移動に不便を感じる心配はほとんどないでしょう。

 

子育て支援も充実!川越市の子育て・教育プログラム

豊かな自然と古い情緒の残る川越市は、子育て支援にも力を入れているため、子育て世帯が落ち着いて過ごすにも適した街です。まず、川越市の中心にある「ウエスタ川越」には、「川越市子育て支援センター」という施設があります。ここでは、季節ごとに異なるイベントが開催され、子育て中の親子が楽しく参加できる場として地域住民に親しまれています。もちろん、子育て支援センターでは育児の悩みを相談することも可能です。ウエスタ川越には商業施設も充実しているため、気軽に立ち寄って子育てに関するさまざまな情報交換ができる場所になっています。

また、川越市では、子育てに関する情報サイトも充実しています。その一端を担っているのが、「ママフレ」という川越市が運営するウェブサイトです。このサイトでは、妊娠や出産、子育てに関するさまざまな情報がリアルタイムに発信されています。子育てに関する行政サービスを受けたいとき、相談窓口を利用したいときなどに重宝するサイトです。

教育にも力を入れている川越市は、他の地域にはない独自の取り組みを実施しています。そのひとつが「子ども大学かわごえ」というプログラムです。この取り組みでは、市内に本拠地を構える東洋大学、東京国際大学、尚美学園大学という3大学の協力のもと、大学教授が子どもたちに勉強を教えます。小学校4年生から6年生を対象に、1年間の教育プログラムとして講義を受けられるようになっており、好奇心旺盛な子どもたちに芸術から政治・経済まで幅広い知識を授けるプログラムとして注目されています。

 

住んでも訪れても楽しめる!川越市の観光スポットと商業施設

川越市は国内でも有数の観光都市としても知られています。特に「小江戸」と呼ばれるエリアは、江戸時代の風情を残す場所で、歴史を感じさせてくれる古き良き街並みは川越市のシンボルとなっています。小江戸の中心にそびえる「時の鐘」は、古くから川越で時間を知らせる鐘として使われ、現在でも午前6時、正午、午後3時、午後6時の4回、鐘が鳴って時間を知らせているので、その時間に行けば鐘の音を実際に聞くことができるでしょう。

また、川越市は古い神社仏閣も多く、中でも江戸時代に建てられた喜多院は小江戸に次ぐ川越市の観光スポットです。喜多院は徳川3代将軍の家光ゆかりの品を多く所蔵しており、五百羅漢という数多い羅漢像が集うスポットも見ごたえがあります。埼玉県指定文化財である川越城本丸殿も、多くの観光客が訪れる観光スポットとして知られています。

このような古い街並みや観光名所がある一方で、とりわけ川越駅付近は商業的にも発達したエリアです。「ルミネ川越」や「アトレ川越」など、若者向けの商業施設が充実し、駅の東口にはたくさんの店が軒を連ねる商店街が続いています。飲食店やアパレルショップなど、さまざまな店が軒を並べ、ここへ行けば欲しいものがほとんど揃ってしまうほど充実した店揃えとなっています。「小江戸」エリアで古い街並みを楽しめるだけではなく、買い物施設が充実してショッピングも楽しめるため、川越市は住むにも訪れるにも楽しめる都市です。

 

食べ歩きにも最適!川越市のグルメ情報

古い町並みが特徴の「小江戸」は、食べ歩きをするのにも最適なエリアです。観光客に向けたいろいろな店が軒を連ねているため、多種多様なグルメを味わうことができます。特に、川越の名産品である川越いもを使ったスイーツは、さまざまなお店が異なる商品を出しているため、川越いものスイーツだけを食べ歩きしても十分に満足することができるでしょう。そのほか、お洒落なカフェや粋な蕎麦屋など、川越には多種多様な飲食店があるので、休日に小江戸エリアをはじめ街を食べ歩きして楽しむのも一興です。

また、川越は鰻の名店が多い場所でもあり、川越のグルメを満喫するなら鰻料理は欠かせません。川越の鰻を楽しむために、県内のみならず県外から人がやってくることもあるほどです。高価な鰻を気軽に楽しめるように、鰻のかば焼きを串焼きで販売しているお店などもあり、鰻の名店で本格的な味を楽しむだけではなく、手軽に鰻を堪能したいというときでも十分期待に応えてくれるでしょう。

 

川越市は自然豊かで子育てもしやすい!

川越市は観光スポットとして知名度が高く、観光資源が少ないといわれる埼玉県内では一目置かれている都市です。子育て支援も充実しており、子育て世帯が住居を構える街としても魅力的です。商業施設が充実している一方、川や緑といった自然も豊かなため、落ち着いた環境で生活しやすいのも川越市の特徴のひとつ。

注文住宅を建てるなら、実際に自分でも足を運んでみて、ぜひ街の雰囲気を直に感じてみてはいかがでしょうか。

 

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事