オープンキッチンもいろいろ!種類と特徴、メリット・デメリットを踏まえた選び方のコツ

16,237 view

考えるとワクワクしちゃう!種類別に見るキッチンのおすすめレイアウト

人気の高い「オープンキッチン」は、リビング・ダイニングをおしゃれな空間に演出してくれます。
オープンキッチンにはいくつかの種類があり、その形状によっても使い勝手が変わってきます。
また、オープンキッチンならではのメリットとデメリットがあります。オープンキッチンの種類と特徴、機能性、メリットとデメリットを把握し、使う家族や・住む人のニーズを踏まえ、設置したほうがいいかどうか、設置するのであればどのような種類を選べばいいかを考えていきましょう。

憧れのオープンキッチン!その特徴とメリット

憧れのオープンキッチン!あらためてその特徴を押さえておこう

オープンキッチンとは壁やカウンターなどの仕切りがなく、リビング・ダイニングの空間が一体になった形状のことを指します。
オープンキッチンのメリットとして挙げられるのが「空間が開放的に見える」という点です。キッチンのために独立した空間を作る必要がないため、リビングやダイニングの間取りを広く取ることができます。
また「料理をしているあいだも家族とコミュニケーションが取りやすい」というメリットもあります。独立したキッチンを設置する場合、壁やカウンターなどでリビング・ダイニングとのあいだに仕切りを作ってしまうため、会話ができなくなってしまいがちです。
オープンキッチンであれば、料理をしながら会話できるため、家族とよりスムーズにコミュニケーションが取りやすいといえます。一方で、オープンキッチンは「臭いや煙がこもりやすい」というデメリットもあります。
しかし、換気扇を機能性の高いものにしたり、生ごみを粉砕して流せるディスポーサーを設置したりするなどして、対策をとることも可能です。

オープンキッチンの種類

オープンキッチンは大きく分けて「アイランド型」と、「ペニンシュラ型」があります。それぞれについて、特徴と機能を説明します。

開放感抜群!アイランド型レイアウトでおしゃれキッチン

開放感抜群!アイランド型レイアウトでおしゃれキッチン

その内の1つとして挙げられるのが「アイランド型オープンキッチン」です。アイランド型オープンキッチンは、キッチンが壁から離れており、部屋のなかに独立した形状になっているものを指します。
「アイランド」は英語で「島」を指し、海に浮かぶ島のようにキッチンが独立している様子を表しています。アイランドキッチンのメリットは、複数人で料理を楽しみやすい点です。
アイランドキッチンは、壁から独立しているためキッチンを囲んでの調理ができます。会話を楽しみながら家族や友人と料理をすることができ、パーティや家族の食事を盛り上げます。
一方で、デメリットとして挙げられるのが「散らかりやすい」という点です。アイランドキッチンは、壁からも離れた作りになっているため、その分の収納スペースを確保することができなくなってしまいます。
また、調理している姿を隠すことができないため、道具が散らかった状態が人目に付きやすくなります。

アイランド型ほど床面積が取れなければペニンシュラ型がおすすめ

アイランド型ほど床面積が取れなければペニンシュラ型がおすすめ

「アイランドキッチンにしたいけれど、部屋の面積が狭くて取り付けられない」という場合もあります。スペースが足りない場合は、「ペニンシュラ型オープンキッチン」を選ぶのも良いでしょう。
「ペニンシュラ」とは「半島」を意味する言葉です。その名の通り、キッチンの片面が壁側につく形状になっています。オープンキッチンのなかでも、壁側のスペースを活用しやすい作りになっていて便利です。
収納や料理をするスペースを確保しながら、オープンキッチンのメリットも得ることができます。ペニンシュラ型キッチンのデメリットとして挙げられるのが「複数人で料理をする際には横並びで作業をしなくてはならない」という点です。
アイランド型キッチンの場合は、キッチンを囲みながら料理ができるため、複数人で調理する場合もスペースは確保しやすいです。
しかし、ペニンシュラ型キッチンの場合、キッチンをぐるりと囲んで調理をすることはできません。

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンのメリットをまとめてみます。

✓空間が開放的にみえる
✓リビングやダイニングを広くとれる
✓料理中も家族とコミュニケーションがとれる
✓配膳・作業がしやすい

しかし、どの項目もオープンキッチンの特徴を踏まえ、きちんと検討しないと、思ったようなメリットを得られないばかりか、逆に使いづらいキッチンになってしまう場合があります。

理想と現実は違った… 使い勝手の悪いオープンキッチンとは?

理想と現実は違った… 使い勝手の悪いオープンキッチンとは?

リビング・ダイニングを開放的に見せてくれるオープンキッチン。洗練された空間のなかで家族とのコミュニケーションを取りながら使えるキッチンは、主婦の夢とも言えます。
しかし、オープンキッチンの形状について何も知らずに設置してしまうと、あとでさまざまなトラブルに発展してしまうおそれがあります。
今回のアンケートでは、オープンキッチンを設置したものの「使い勝手が悪い」と感じたときの意見についてご紹介します。

形状や動線について考えておかないと…こんなことになってしまいます

・仕切りがないぶん解放感があるが、お客様が突然いらっしゃるときは、片づけなくてはいけなくて、あせること。(50代/女性/専業主婦)
・家族みんなで手分けして作業するなら便利だと思いますが、なかなかそんな状況にもならず、一人で料理するには動線に無駄ができるものだなと実感しています。(40代/女性/専業主婦)
・料理中の臭いや生ゴミの臭いをリビングで感じることがある。(40代/女性/専業主婦)
・調理している間に家族が後ろを通ったりすると、熱いものを持っている時にぶつかりそうになったりと危ないので、そのような時にはキッチンが独立している方が良いと思います。(40代/女性/専業主婦)
・オープンキッチンだが向きが悪く、家族とのコミュニケーションがとりにくい。(60代/女性/専業主婦)
・オープンキッチンの最大の目的は、調理場所から食卓が見渡せる点だと思います。
これを重視することで配膳のための動線が少し複雑になり、配膳と片付けの手間が直線上の配置よりもかかるなーと感じるところは、使い勝手が悪いと思います。(30代/女性/専業主婦)

【質問】
オープンキッチンにしたのに使い勝手が悪い…と感じることを具体的に教えてください。

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【職業】専業主婦(主夫)
調査期間:2017年06月06日~2017年06月12日
有効回答数:109サンプル

設置する前に必ず確認!オープンキッチンのデメリット

オープンキッチンを導入した方の声をまとめると以下のようなデメリットが発生する可能性があることがわかります。

✓ 煙や臭いがこもる
✓常にきれいにしておかないと生活感がでて、見栄えが悪い
✓動線を考えないと使いづらいことがある

オープンキッチンのメリットといえば、リビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすい点です。
しかし、オープンキッチンの向きや形状について何も考えず設置してしまうと、家族とのコミュニケーションが取りづらくなったり、調理に無駄が出てしまったりする場合も有ります。
また、常に整理整頓を心がけ、美しい状態をキープしなければいけないのも面倒だと感じる方が多いようです。
オープンキッチンに対し「使い勝手が悪い」」と感じた意見についてご紹介しました。
メリットを残しつつ、使い勝手の良いオープンキッチンを実現するためにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

せっかくのオープンキッチン… 失敗しないためのコツとは?

オープンキッチンを住宅に設置する際には「収納スペース」と「通路スペース」を確保することがポイントになります。
オープンキッチンは、壁や仕切りなどがなくキッチン用品などを隠せません。オープンキッチンの洗練された雰囲気を保ちたいなら、常に整理整頓を意識することが重要です。キッチンを美しい状態で保つためにも、収納スペースが充実したキッチンを選びましょう。
また、収納スペースを確保しにくい場合は吊戸棚を設置することも1つの方法です。吊り戸棚を設置することで、頭上近くのスペースを収納として使用しやすくなります。
しかし、吊り戸棚を設置すると煙や臭いが滞留しやすくなったり、オープンキッチンの開放的な雰囲気を邪魔してしまったりなどのトラブルが起きる場合もあります。
設置するオープンキッチンに吊り戸棚が必要なのか、よく検討するようにしましょう。
キッチンの収納が充実していても、壁との空間が狭すぎると十分に活用できないこともあります。
オープンキッチンと壁との距離は、収納庫の広さによって決めることが必要です。

まとめ

コミュニケーションを取りながら料理ができるなど、さまざまなメリットが多いのがオープンキッチンです。
しかし、形状ごとの特性を知らずに設置してしまっては使い勝手の悪いキッチンになってしまいます。
オープンキッチンを設置する際には、形状の特徴と通路スペース、収納スペースの確保などに注意して住居に合った製品を選択しましょう。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

関連記事:

使いやすい素敵なキッチンにしたい!レイアウトのポイントとは

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事