住宅に気密性は必要?メリットとデメリットとは

5,332 view

憧れのマイホームを購入する場合、デザインや間取りにこだわって選ぶ人も多いでしょう。しかし、その住宅の中で「快適に過ごせるか」という点も重要なポイントなのです。気候の厳しい季節でも快適な日々を過ごすためには、断熱性能だけでなく「どれだけ隙間がない家か」を表す「気密性」にも配慮することが欠かせません。そこで、今回は気密性の基本的な知識をはじめとして、気密性が高い家のメリットやデメリットについて解説していきます。

 

住宅の気密化とは?

「住宅の気密化」という言葉を聞いたことはありませんか?住宅の気密化とは、簡単にいえば住宅の隙間を減らして密閉性を高めることを意味します。

具体的には、寸法誤差の少ない高品質な建材を使用し、建材の接合部分を気密シートや気密テープなどでしっかりと防いで施工することで、こうして建てられた住宅は高気密住宅と呼ばれています。気密性を高めるには、一般的な住宅よりも多い専用部材や、隙間を丁寧に埋める高い施工技術が必要です。このため、コストが高くなったり施工期間が長引いたりするケースも多いですが、それを補うだけの魅力が十分にあるといえるでしょう。

 

日本で古くから建てられている木造住宅の場合、住宅全体ではがき10枚分の隙間が存在するといわれています。はがき10枚分ともなるとかなりの大きさで、住宅のあちこちから風やホコリなどが侵入していたでしょう。

これに対し、近代的な住宅はアルミサッシの普及や施工技術の進歩などにより、隙間はずっと少なくなっています。特に寒さが厳しい地域などは隙間が多いと快適性が失われるため、はがき2枚分以下の隙間で建てられている住宅もあるほどです。

 

ただし、近代的な住宅ならすべて高気密住宅というわけではありません。新しい住宅でも、施工方法などによっては隙間が多く残っているケースも十分にあります。

このため、気密化を希望する場合は注文住宅を選んで自分好みに設計してもらったほうが確実です。事前に資料などを取り寄せたり問い合わせをしたりして、入念に確認しておきましょう。

 

住宅の気密性が必要な理由とは

なぜ住宅の気密性が必要になるのか、不思議に思う人もいるでしょう。その理由はさまざまありますが、第一に挙げられるのが、「省エネルギーで室内の温度を快適に保つ」という点です。気密性が低いと外気が室内に侵入しやすくなり、夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。冷暖房を使っていても十分な効果が得られず、電気料金までかさんでしまうでしょう。この点、高気密住宅であれば室内の空気が漏れにくく外気も侵入しにくいため、省エネルギーで快適な住環境を維持することができるのです。

 

第二の理由は、「断熱性能の低下を防ぐ」という点です。断熱材はあくまでも室内と屋外の気温差を維持するためのものであり、風を防ぐためのものではありません。グラスウールのような断熱材は線状をしているため、隙間があれば風を簡単に通してしまいます。これでは、せっかくの断熱性能を活かすことができません。気密性を高めると風そのものをシャットアウトできるため、断熱材が本来の性能を発揮できるようになります。

 

第三の理由は、「壁の中がびしょ濡れになるのを防ぐ」という点です。冬場は室内と外気の気温差が大きくなるため、室内の湿気が結露しやすくなります。住宅に隙間が多いと室内の湿気が壁の中などに流れ出て、壁の内側で結露してしまうケースもあるのです。壁の中は普段目に見えないため、放置し続けた結露によってびしょ濡れになってしまいます。すると建材が腐ったりカビが生えたりして、住宅の老朽化が進んでしまうのです。気密性が高ければ、室内の湿気が壁の中へ流れていってしまう心配もありません。

 

第四の理由は、「換気を効率よく行って嫌な臭いの発生を防ぐ」という点です。室内には水蒸気や二酸化炭素、匂い成分などさまざまな物質が漂っています。これらを定期的に屋外へ排出するために換気が必要になるのですが、住宅の中に気密性の高い場所や低い場所が混在していると、換気を効率よく行えません。すると室内の物質が溜まってしまい、嫌な臭いを発生する場合があるのです。住宅の気密性を均一に高くすると、このような換気のバラつきを防いで嫌な臭いの発生を防げます。

 

このように、住宅の気密性が重要視される理由はいくつもあるのです。理由がはっきりわかると、気密化が住宅にとっていかに大切なことかがわかりますね。

 

気密性が高い住宅に住むメリット

住宅を高気密化すると、さまざまなメリットが得られます。たとえば、高気密だと室内に空気が留まるため暖まりやすく、少しの暖房でも十分に室内温度を上げられます。暖房をフルに動かす必要がないため、電気代や燃料費などを安く済ませられます。

 

また、廊下や洗面所、風呂場、トイレなど、室内以外にも隙間風が入りにくいため、暖かい室内との温度差も大きくなりません。暖かい場所から急激に寒い場所へ移動したときに起こる「ヒートショック」のリスクも軽減できるのです。ヒートショックとは、血管が寒さで収縮して血圧が一気に上がり、意識を失ったり心筋梗塞などを引き起こしたりする症状のことで、高齢者や生活習慣病などの持病を持つ人は発症しやすいため、家族に該当者がいる場合は住宅の気密性を高めておくと安心です。

 

さらに、遮音性が高いというのも嬉しいポイントです。交通量の多い場所や学校の近くなどは、閑静な住宅地と比べるとどうしても騒音が気になることもあります。せっかくのマイホームで騒音に悩まされる毎日など、考えたくありませんよね。気密性を高くしておくと外部の音もある程度シャットアウトできるため、気密性が低い住宅よりも静かな環境を実現できるでしょう。

 

気密性が高い住宅はデメリットもある?

住宅の気密化には、数多くの必要性やメリットがあります。その一方で、実はデメリットもあるため注意しなくてはなりません。

まず、密閉された空間に近くなってしまうため、夏は空気がこもって室内が暑くなりやすいということです。冷房効率が低下し、電気料金が高くなってしまう恐れもあります。また、温度と同じく湿気もこもりやすいため、冬は結露が発生しやすくなります。24時間換気をしていても発生するケースがあり、放置しているとカビや腐食の原因になるためこまめな拭き取りが必要です。

 

さらに、空気の自然な入れ替えがあまり起きないため、シックハウス症候群の原因になる恐れもあります。建材から揮発した物質やハウスダストが長時間室内を漂うため、頭痛やめまい、吐き気などを発症する可能性があるのです。

ただし、有害物質を揮発しにくい建材を使ったり、24時間換気を徹底したりすればシックハウス症候群のリスクは大幅に引き下げられます。

 

気密性の高さは快適性を上げる!

住宅の隙間をできる限り減らして気密性を高めれば、さまざまな恩恵を受けられます。高性能の換気システムによって室内の快適できれいな空気を効率的に維持し、健康的な室内環境をつくり出せるのです。主に省エネや快適性といった面でメリットが大きいので、この点を重視する人にとっては最適な住宅だといえるでしょう。

 

ただし、高気密住宅はハウスメーカーによって得意なデザインが異なるという特徴もあります。気密性をとにかく重視して窓や開口部を小さく設計するところもあれば、逆に窓などの解放感と気密性をバランスよく取り入れる設計を得意とするところもあります。好みのデザインを実現できる会社をじっくり探し、満足できるマイホームづくりを目指しましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、
どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事