対面キッチンで気になる収納スペース!どうやって確保する?

3,307 view

対面キッチンで気になる収納スペース!どうやって確保する?

従来の壁付けキッチンから対面キッチンに変えたいという人は少なくありません。
しかし、なぜ新しいキッチンは対面のものが良いと思うのか気になりますよね。昔ながらの壁付けキッチンに比べて解放的で動線もできていると言われてはいますが、考慮すべきなのは収納スペースの問題です。
対面キッチンの収納性には一体どんな問題があるのか、その問題は解消できるのか、そもそも壁付けキッチンとは何が違うのかについて解説していきましょう。

壁付けキッチンと対面キッチンの違いは?

壁付けキッチンと対面キッチンの違いは?

壁付けのキッチンと対面キッチンの大きな違いは、その前の通り、キッチンが壁に面しているかどうかです。対面キッチンでも側面の部分は壁に接しているのが一般的ではありますが、壁付けキッチンの場合はその大半部分が壁と接しています。
壁付けの場合は、部屋全体に背を向ける形で調理や食器洗いをすることになるのが特徴です。そのため、後ろを振り返る、またはキッチンから出ない限りはリビングにいる家族の様子を見ることはできません。
孤立した状態でキッチンにいることになるため、調理中のコミュニケーションが取りづらい一面を持ちます。一方で、対面キッチンの場合は、正面を見ると空間になっており、リビングを見渡せるのが特徴です。パートナーや子どもがテレビを観たり、くつろいでいたりする様子を間近で見られますし、話しかけることも気軽にできます。
また、料理を運ぶ際にも、そのまま対面キッチンの前方部分に出来た料理を乗せ、そのまま運んでもらうことも可能です。テーブルの設置も兼ねている対面キッチンであれば、まるで飲食店のカウンターのように気軽に家族やお客様に料理や飲み物を渡せるという魅力もあります。
このように、壁付けキッチンと対面キッチンはコミュニケーションの取りやすさが大きく異なると言えるでしょう。

対面キッチンにすると収納が減る?

対面キッチンにすると収納が減る?

必ずというわけではありませんが、対面キッチンにすると収納スペースが減る可能性があります。対面キッチンはオープンになっているスペースがどれくらいなのかによって収納の量も変わってきます。
壁付けキッチンのように上部の収納部分があるタイプ、つまり吊戸棚がある対面キッチンなら、特に収納量に遜色はないと言って過言ではないでしょう。ただ、開放的な対面キッチンにするのであれば話は別です。
カフェやバーにあるカウンターのように、キッチンの上部に収納スペースが全くないとなると、シンク下の部分だけしか収納できないので、大幅にスペースは減ってしまいます。
食器や調理器具の数が少ないのならシンク下だけでも問題はありませんが、一般的な3人家族や4人家族といった家族構成で考えると収納スペースは少ないと言えます。
対面キッチンにすると収納が減るというイメージが根強くあります。だからといって、吊戸棚があると明るさも解放感も失ってしまうリスクがあるため、収納面の工夫を施す必要があるでしょう。

対面キッチンの収納はどこに確保する?

対面キッチンの収納はどこに確保する?

対面キッチンの収納スペースを確保するための一番の近道は壁付のキッチンのように吊戸棚を設置することですが、そうすると開放的な空間が失われ、対面キッチンとしての意味を成さなくなってしまう可能性があります。
もちろん、吊戸棚があってもリビングにいる家族やお客様とのコミュニケーションを円滑に取ることはできます。しかし、リビング側からは視界が悪く、様子が見えにくくなってしまうでしょう。
あくまでも対面キッチンとしてのメリットを活かしたいのなら、吊戸棚の設置は避け、壁側に収納スペースを確保しましょう。
開放的な対面キッチンにするとなると考えなければならないのが、リビングからの視界です。見映え的に良くないと、せっかくの対面キッチンが台無しになってしまいます。
適当に戸棚を用意するのではなく、統一感のあるデザインにこだわりましょう。リビング側から見えないように敢えて低い高さの収納スペースを確保するのも1つの手段です。逆転の発想として、壁全体を収納スペースにしてしまうのも良いでしょう。
その分だけ部屋のスペースは取られてしまいますが、すっきりとした収納デザインなら開放的な印象は損なわれずに済みます。
どれくらいの収納スペースを確保したいのかにもよって取るべき対策も異なります。調理器具や食器の量を考えつつ、最適な収納スペースを考えてみましょう。

キッチンのスタイルはどれがいい?

キッチンには数多くのスタイルがありますが、対面キッチンはどのような位置付けとなっているのでしょうか?
ほかにも人気が高いとされるキッチンがありますから、最も人気があるキッチンについて知っておきたいですよね。
今回は壁付けのキッチンと対面キッチン、アイランドキッチンのなかで、最も良いと思うものについてたずねてみました。

【質問】
自宅のキッチンはどの形がいいと思いますか?
【回答数】
壁付のキッチン:17
対面キッチン:63
アイランドキッチン:20

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年07月14日~2017年07月21日
有効回答数:100サンプル

自宅のキッチンはどの形がいいと思いますか?

対面キッチンが一番人気!家族の様子が見られるから!

最も回答が多かったのは「対面キッチン」という結果です。

・家族の顔を見ながら調理ができるというのが憧れなので。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・家族の状況が見えるので、子供がいるときにキッチンで作業がしやすくなるから。(30代/女性/学生)
・実際に今の家が対面式だが、子供の様子を見ながら料理が出来て、使いやすいと感じているので。(40代/女性/専業主婦(主夫))

家族の状況が見られるというのが一番大きな理由のようですね。
実際に対面キッチンを使っているという意見も多く、その評判の高さが伺えます。

・おしゃれだし広く見えるから。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・現在住んでいる住宅のキッチンは狭いので、スペースに余裕のあるアイランドキッチンが良い。(20代/女性/無職)

次いで多かったのは「アイランドキッチン」です。
おしゃれだから、今のキッチンは狭いからといった憧れの気持ちからアイランドキッチンにしたいと思う傾向にあると考えられます。

・一番作業しやすく、省スペースだと思うので。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・これが最も一般的で使い勝手がいいと思っているから。(30代/女性/パート・アルバイト)

最も回答が少なかったのは「壁付けのキッチン」でしたが、一般的で使いやすい、あるいは使い慣れているという回答が主でした。省スペース設計であることに好感を抱いている人も少なくはないようです。

アンケートを取ったところ、最も人気が高いのは対面キッチンであることがはっきりとしました。アイランドキッチンや壁付のキッチンに対して大きな投票差があり、数多くの人に支持されていることがうかがえます。
ほかの意見では家族とのコミュニケーションについては触れられてはいませんでしたし、対面キッチンならではの魅力だと言えそうです。

まとめ

対面キッチンと壁付のキッチンにおける大きな違いは、解放感の有無です。解放感がある対面キッチンにするうえでは、収納スペースが減ってしまうという問題は確かにあります。
しかし、壁側を上手く活用することで、リビングから見ても自然に思えるような収納スペースを確保することは十分にできるでしょう。吊戸棚がなくても工夫次第で同じくらい、あるいはそれ以上の収納スペースは作れます。
せっかくの対面キッチンですから、その良さである家族とのコミュニケーションの取りやすさを考えたものにしていくことをおすすめします。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

関連記事:

詳しくは、対面キッチンの種類を徹底網羅!メリットとデメリットまとめをご参照ください。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事