平屋の二世帯住宅に住む!間取りの考え方は?

2,289 view

親の世帯と子の世帯がいっしょに生活する、いわゆる「二世帯住宅」が注目されています。二世帯住宅の家族構成として、親・子・孫の三世代にわたるケースも少なくないでしょう。そのため、家族全員が暮らしやすい間取りを考えることが不可欠です。二世帯住宅を考えるとき「平屋」という選択肢もあります。平屋にすることで階段を上り下りしなくても済みますよね。その一方、予期せぬ課題が出てくるかもしれません。ここでは、平屋の二世帯住宅に求められる間取りなどのチェックポイントについて紹介していきます。

 

二世帯住宅の種類とは?

二世帯住宅を実現するためには、どのような種類があるのか知ることから始めましょう。二世帯住宅は、親世帯と子世帯が一つ屋根の下で生活する点が大きな特徴です。そのうえで「完全分離型」「完全同居型」「部分共用型」の3種類に大別できます。また、それぞれに特徴があるため、二世帯住宅を考えている人はしっかり把握しておきましょう。

まずは「完全分離型」について。こちらは、文字どおり親世帯と子世帯の生活空間を完全に分ける点に特徴があります。マンションなどの集合住宅をイメージするとわかりやすいですよね。玄関からプライベート空間に至るまで完全に別々のため、付かず離れずの関係を保ちたい人には向いているでしょう。ただし、建築費用などは2軒分必要なことも多いため、資金繰りが大きな課題になるかもしれませんね。

これとは逆に「完全同居型」を選ぶ方法があります。一昔前は定番だった大家族を連想するとよいでしょう。キッチンやバス・トイレなどは家族の共用スペースになります。完全同居型にすると、親世帯と子世帯全員が同じ場所を使う必要性がでてきます。また、リビングでいっしょに過ごすことも多いですよね。そのため、家族間の交流を深めたい人にはおすすめの方法です。さらに、共用スペースの建築費を抑えるためにも役立ちます。ただし、同居する親世帯と子世帯の関係(息子あるいは娘)によっては、お互いに気を使うことがでてきます。また、それぞれの世帯で生活時間帯が大きく異なる場合は、物音への配慮を考える必要があるでしょう。

「部分共用型」は、完全分離型と完全同居型の中間的なタイプです。こちらは、玄関やバスなどを家族全員で共有しつつ、お互いのプライベート空間を別々に設置する点に大きな特徴があります。そのため、親世帯と子世帯の間で適度な距離感を維持するのに役立ちます。また、こちらのタイプにも共用スペースがあるため、その部分の建築費軽減につながるでしょう。ただし、物音への配慮が必要な点では、完全同居型と大差ないと考えられます。生活時間帯が異なるために部分共用型を希望する場合は、共用スペース使用時の物音に十分注意が必要です。

 

平屋でも二世帯住宅はできるの?

二世帯で暮らす場合、建物を2階建て以上にする方法があります。そうすることで、1階を親世帯・2階を子世帯にするなども可能なため、適度なプライバシー確保に役立つでしょう。それぞれの階への行き来には内階段を付けるほか、外階段を設置する方法もあります。玄関だけを共用して、それ以外は分ける方法もよいかもしれません。このように、2階建て以上の二世帯住宅には、いろいろなバリエーションが考えられるでしょう。

一方、平屋でも二世帯住宅は可能です。ただし、2階建て以上とは異なり、縦の空間を有効活用することが難しいですよね。そのため、完全分離型を目指すのなら、ある程度広い土地の確保が条件といえるでしょう。もちろん、完全同居型の二世帯住宅なら問題なく実現できます。二世帯で暮らすには家族が増えるため、寝室などプライベート空間の用意は必要になりますよね。しかし、家族の共用スペースは最小限で済むからです。二世帯住宅を考えるときは、共用スペースが増えれば増えるほど建築費用の軽減につながることを知っておきましょう。

 

平屋の二世帯住宅にする場合の注意点

一つ屋根の下でいっしょに生活するには、みんなが気持ちよく暮らせることを意識する必要がありますよね。これは、集合住宅住まいの人なら納得できるのではないでしょうか。近隣に暮らす人の生活音が聞こえやすいは、集合住宅ならではの大きな課題かもしれません。しかし、平屋の場合は生活音が聞こえるだけでなく、生活のようすも目に入りやすくなります。二世帯住宅の場合も例外ではないでしょう。

洗濯物もそのひとつ。物干し台を同じ方向に設置した場合、どうしてもお互いの洗濯物が視界に入ってしまいます。2階建て以上の建物で暮らす場合は、そのような可能性は少ないでしょう。しかし、平屋住宅は横への広がりを意識したものであり、隣接する部屋のようすも気になります。そのため、家族の気配を感じやすくなるのです。洗濯物はあくまでも一例ですが、その結果、お互いに気まずい思いをすることも避けられません。

親世帯と子世帯、それぞれが窮屈な思いをしないための距離感も必要ですよね。たとえば、同居する子世帯が息子の場合、嫁姑間に葛藤が生じることもでてきます。お互いの性格にもよりますが、実の母娘がいっしょに暮らすのとは勝手が違います。家族みんなが気持ちよく生活するためには、室内の間取りを工夫することが大切です。そのうえで、ベランダに仕切りをするなど、プライバシー対策が不可欠といえます。

 

間取りを考えるときのポイントは?

平屋での二世帯住宅を実現するには、限られた土地を有効活用することが大きなポイントになります。それぞれの世帯が同居を始める前には、どうしても譲れない条件を確認し合うことが大切です。それと同時に、お互いが歩み寄る必要性もでてきます。

たとえば、キッチンやバスなどは可能な限り共用することが理想的です。そのうえで、リビングを二世帯分用意する、それぞれの寝室をできるだけ離すなど、お互いのプライバシーに配慮した間取りを考えましょう。このような条件を満たす意味もあり、完全同居型、あるいは、部分共用型の間取りを参考にするとよいかもしれませんね。

スペースに余裕があるのなら、中庭をつくって親世帯と子世帯の住空間を分けるのもよいでしょう。窓の位置や大きさも大事です。隣家や道路に面した壁には窓をつくらず、中庭に面した場所に大きな窓をつくる方法があります。また、部屋を少しでも広く感じるためには、天井を高くしてもよいですよね。平屋での二世帯住宅は、2階建て以上と比べるとできることが限られてくるでしょう。しかし、ちょっと工夫することで可能性が広がってきます。また、注文住宅ならではのメリットではないでしょうか。

 

平屋の二世帯住宅は間取りの工夫が必須!

平屋の二世帯住宅は、親世帯と子世帯それぞれのプライベート空間を築きにくいことが大きな課題です。それを解決するためには、お互いが思いやりの気持ちを持つことが大切です。もちろん、平屋ならではのメリットもあります。階段がないのは高齢の親世代だけでなく、子育て世代にも有り難いことではないでしょうか。ただ、平屋にする場合も車イスが通れる動線をつくると安心です。バス・トイレなども広めの空間にするなどの工夫が必須です。

なお、二世帯での生活を始めるためには、住まいを建てるほか、既存住宅を購入してリノベーションしてもよいでしょう。親世帯と子世帯のうち、いずれかが住宅を取得している場合は、その家で同居する方法もありますよね。新生活のスタートに際してリノベーションが必要なときは、親世帯と子世帯、それぞれがストレスを感じないための間取りを考えましょう。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、
どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事