広々使える2型キッチンにもレイアウトのコツがある

11,754 view

広々使える2型キッチンにもレイアウトのコツがある

広々としたスペースを確保できる2型キッチンは、数あるキッチンタイプの中でも使いやすく人気を集めています。
しかし、機能的な2型キッチンでも形状の特徴を知らずに設置してしまうと使い勝手が悪くなってしまう場合も考えられます。
今回は2型キッチンをレイアウトする時のコツについてご紹介します。

主婦にはうれしいメリットいっぱい2型キッチンの特徴

主婦にはうれしいメリットいっぱい2型キッチンの特徴

2型キッチンとは、I型キッチンを向かい合うような形で並べたキッチンのことを指します。I型キッチンの場合、少ないスペースにコンロやシンクなどが並びます。シンプルな形状で使用しやすい点が、I型キッチンの優れた点です。
2型キッチンを設置する場合、それらのキッチン設備を2つに分けて設置できるためキッチンを広々と快適に使用できます。2型キッチンは、I型キッチンとU型キッチンの良さを取り込んだキッチンとも言えます。
省スペースで設置でき、動線が短くなりやすいのが特徴です。キッチンが向かい合っていることにより、作業動線が短くなるため効率よく調理を進めることができます。
また、キッチンが2つに分かれる形状であるため複数人で料理を楽しみやすい点も注目されています。子供がいる方や、ホームパーティがお好きな方などにはおすすめのキッチンタイプと言えるでしょう。
2型キッチンはリビング・ダイニングに面するオープンキッチン、料理に集中しやすいクローズドキッチンなど、どのような設置タイプとも相性が良いのが特徴です。
キッチンの使いやすさと、自分の好むデザインにマッチさせやすく嬉しいメリットが多くあります。

快適な2型キッチンにもデメリットがある

快適で使いやすい2型キッチンにもデメリットはあります。まず挙げられるのが「通路の幅が広すぎたり狭すぎたりすると使いにくくなってしまいやすい」という点です。
2型キッチンは作業動線を短くし、効率よく調理を進めやすいことがメリットです。しかし、キッチン間の通路の幅が狭すぎると、作業がしにくくなってしまいます。
たとえば、コンロとシンクが向かい合っている配置の場合、調理作業を進めるうえで不便に感じやすくなります。
また、通路の幅が狭いと複数人で料理がしにくくなってしまい、2型キッチンのメリットを十分に発揮できなくなる可能性もあります。
しかし、一方で通路の幅を広く取りすぎると動線が長くなり無駄な動きが増えやすいことも事実です。
また、2型キッチンでは、シンクで洗った食材を後ろのコンロで調理するタイプが多いため床に水が落ちやすく、掃除の手間が増えるリスクがあります。

不便にならないように工夫したい2型キッチンのレイアウト

不便にならないように工夫したい2型キッチンのレイアウト

2型キッチンのレイアウトを決める際には、キッチン同士の通路の幅とシンクやコンロの位置、床材などに着目しながら決めると良いでしょう。
まず、キッチン同士の通路の幅は、長すぎても短すぎても不便です。家族に小さな子供はいるか、複数人でキッチンを使うシーンはあるのかなどの点を踏まえ、使用する人のニーズに合った通路幅を決定しましょう。
次に、シンクやコンロの位置についてです。キッチン同士が向かい合う2型キッチンの場合、シンクやコンロが向かい合っていると作業がしにくく、また危険でもあります。コンロとシンクの位置は斜めになるようにずらして配置するなどしましょう。床材は、水が落ちても問題ないように、耐水性が高い床材を選びましょう。
2型キッチンは、通路間の食材・調理器具の移動が増えやすい形状をしています。その他のキッチン形状よりも、より多くの水滴が通路間に落ちることが予測できるため、床材は耐水性を重視して選ぶと安心です。
耐水性のない床材を選んでしまうと、通路の床材が腐ったりカビが生えやすくなったりとトラブルの原因になります。

2型キッチンのメリットってなんだと思う?

2型キッチンのメリットってなんだと思う?

機能的でオープンキッチン・クローズドキッチンを選ばずに設置できる2型キッチンは、メリットの多い形状のキッチンと言えます。実際に2型キッチンを選んだ方は、どのような点から2型キッチンのメリットを感じているのでしょうか。
アンケートを取ってみました。

2型キッチンのメリットは「広々としたスペースを確保できる」

・別々にすることでキッチンスペースを広く確保することが出来ることがメリットだと感じます。(20代/男性/正社員)
・キッチン内で歩く距離が少なくてすむことだと思います。(60代/女性/パート・アルバイト)
・作業を分担しやすい、その際の動線がお互いに干渉しにくいのでは、と思っています。(40代/女性/専業主婦)
・水がコンロにかからないようにするためと思います。(50代/男性/個人事業主・フリーランス)
・大家族だったり、沢山料理を作らなくちゃいけなかったりする家庭は二人以上が同時にキッチンに立つ、を考えると便利なのかもしれない。(40代/女性/専業主婦)
・(5歳児くらいまでの)子供が入ってきやすい。それが悪いことだと思う人もいるでしょうが、私は色んなことを見学出来た方がいいと思うので利点だと思います(20代/女性/正社員)

【質問】
コンロとシンクが別々になっている2型キッチンのメリットは何だと思いますか?

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年06月06日~2017年06月12日
有効回答数:150サンプル

アンケートの結果、2型キッチンメリットとして「キッチンを広々と使いやすい点」を挙げている方が多いことが分かりました。キッチンスペースが広いと、子供と一緒に料理を楽しみやすかったり、複数人で作業がしやすかったりなどのメリットも得られます。
収納スペースを確保しやすく、コンロにシンクの水がかからないことなども2型キッチンの優れた点といえるでしょう。

まとめ

2型キッチンは、収納、機能、デザイン性のどこをとってもメリットが多いキッチンと言えます。
小さなお子様がいる方や、ホームパーティを開催することが好きな方にぴったりのキッチンです。
しかし、そのレイアウトや床材選びに注意しないとせっかくの2型キッチンの使い勝手が悪くなってしまうことも考えられます。
2型キッチンの特徴について知り、家族や自分に合った快適なキッチン空間にしましょう。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

関連記事:

使いやすい素敵なキッチンにしたい!レイアウトのポイントとは

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事