新築するなら安眠できる寝室を!レイアウトを決める際のポイントは6つ

20,342 view

新築で家を建てるなら、身体を休める寝室はよく考えてレイアウトすることが大事です。
どの位置にどのような形の寝室を用意するかによって、使いやすさがまるで違ってきます。
寝室を寝るためにだけ使うのか、他の用途にも使うのかによっても理想の広さや設備は異なります。
この記事では、快適に感じられる寝室の広さやつけておきたい設備、安眠できるベッドのサイズなど、さまざまな観点から過ごしやすい寝室のポイントを解説します。

あなたの寝室の一番のこだわりは何?

最初に、世間一般の人々が自宅の寝室にどのようなこだわりを持っているかを調べてみました。

寝室へのこだわりは人によって違う

・防音性、遮光性を始めとして、すっきりとかたづいているなど落ち着ける空間であること。一日の疲れを取り、明日への英気を養う場所だと思うので、邪魔になるものがないことが好ましいと思うから。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)
・ベッドの位置にこだわります。窓の位置との関係が重要で、目覚めた時に朝日が当たる方向が良いです。(50代/正社員/男性)
・寝室があまり明るいと眠気がなくなるので、照明をこだわります。(30代/無職/女性)
・収納のしやすさです。寝室は洋服や布団など収納したいものがたくさんあるからです。(30代/派遣社員/男性)
・熊本地震を経験しているので、地震が起きても物が落ちてこないように、寝室のベッドの周囲には何も置かないようにしているのがこだわり。(40代/正社員/女性)
・ベッドの快適さです。睡眠の質を上げることが健康にとって大事だと思うから。(60代/専業主婦(主夫)/女性)

【質問】
寝室で一番こだわるのはどの部分ですか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】30 – 39 40 – 49 50 – 59 60
調査期間:2017年10月16日~2017年10月23日
有効回答数:100サンプル

今回のアンケートから、寝室に求めるものは共通している部分はあるものの、人によって大きく異なることがわかりました。ベッドと窓の位置関係にこだわる人もいれば、ベッドそのものにこだわる人もいます。
照明や空間にこだわるという人もいますし、睡眠とは直接関係のない収納にこだわる人もいました。新築で快適な寝室を作るためには、自分にとってのこだわりがどこにあるのかをしっかりと洗い出すことが重要であるようです。
では、アンケートで多くの人がこだわっていた点を参考に、チェックすべきポイントを探っていきましょう。

寝室はスッキリさせたい!新築するならウォークインクローゼットの設置を

寝室はスッキリさせたい!新築するならウォークインクローゼットの設置を

寝室でゆったりと過ごすためには、ベッドの周りに適度な空間を保ちながら、余分なものを置かないようにすることが大事です。
寝室にタンスなどの衣類収納を置くとどうしても空間が狭くなってしまいますから、せっかく新築するのであればウォークインクローゼットをつけるのがおすすめです。寝室にウォークインクローゼットをつけておけば、朝起きて着替えるときの動線が短くて済みます。
また、ウォークインクローゼットのスペースを広めに取っておけば中で着替えることもでき、寝室にほこりをまき散らすことも減らせます。
衣類をウォークインクローゼットに集約しておけば、衣替えが要らないので季節の変わり目も重宝します。衣類以外にも寝室で使う扇風機や暖房器具、布団乾燥機なども収納できるので、必要なときに取り出して使えて便利です。
ただし、ウォークインクローゼットの中をきちんと整理整頓せずに詰め込むだけでは使い勝手が悪くなります。
新築を機に何をどこに置くかをきちんと決め、定期的に整理整頓をするようにするとよいでしょう。

詳しくは、寝室のウォークインクローゼットは便利!つける前に考えたいポイントをご参照ください。

新築するなら照明にもこだわって!安眠できる寝室の灯りとは?

新築するなら照明にもこだわって!安眠できる寝室の灯りとは?

新築の家に寝室を作るなら、照明についてもよく考えるようにしましょう。シーリングライトにするかダウンライトにするかだけでも部屋の雰囲気が変わりますし、眠りやすさも大きく違ってきます。
特にダウンライトは、取り付ける位置次第では、ベッドに横になったときに光が直接目に入ってしまうことになります。新築時は寝室の照明の設置位置を決める前に、ベッドをどの位置にどのような向きで置くかを決めておき、それに合わせて照明の設置位置を決めるようにしましょう。
寝室の照明は、部屋をどのような目的で使うかによっても必要な明るさや適した照明の形が違ってきます。読書やパソコン操作などを寝室で行うつもりがあるのであれば、光の色や明るさを調節できるシーリングライトにして、横になったときにリモコン操作で消せるようにしておくと便利です。
横になったあと、消すときや夜中に目が覚めたときにどのような操作が必要か、どの位置にどれくらいの明るさが必要かなども考えて照明を設置することが大事です。

詳しくは、寝室にマストな照明とは?新築だからこそこだわりたい!をご参照ください。

新築だからこそこだわれる寝室の広さ!基準は何?

新築だからこそこだわれる寝室の広さ!基準は何?

新築で寝室を作るなら、広さについても真剣に考えましょう。寝室の広さをある程度自由に変えられるのは新築のときだけです。ゆったりと過ごせるように、十分な広さを確保するようにしましょう。
基本的には何人用の寝室かという点が広さを決めるとき重要なポイントになりますが、最終的に広さを決めるポイントとなるのは何をどのように置くかということです。
2人用のベッドと言っても、ダブルベッドを置くときとシングルベッドを2台置いてツインベッドにするときとでは必要なスペースが大きく異なります。寝室はただ単にベッドが収まればよいというわけではなく、ベッド周りの空間が重要な役割を果たします。
収納の扉や引き出しを開けて中身を取り出すにはどれくらいの空間が必要なのか、出入り口の扉はどの位置まで来るのか、ベッドに入るまでにどこをどのように通るのかなどを計算して、十分な空間を用意することが欠かせません。
せっかく新築するのですから、あとでこんなはずではなかったと後悔することのないように、使い方に合う寝室の広さを確保できるようにしましょう。

詳しくは、新築で頭を悩ます寝室の広さ… 夫婦2人で何畳がマスト?をご参照ください。

新築の寝室はベッド選びから!間取りに直結する選び方のコツ

新築の寝室はベッド選びから!間取りに直結する選び方のコツ

新築で夫婦の寝室を作るなら、そこに入れるベッドについても最初から考えておく必要があります。どのサイズのベッドをどの位置にどの向きで設置するかが寝室の広さや照明の位置を決める基準になるからです。
ウォークインクローゼットや出入り口の扉とベッドが重ならないようにするためにも、ベッドのサイズに合わせて寝室を作るという手順が不可欠です。
逆に考えれば、新築で寝室を作るタイミングは、理想のベッドを購入するよいチャンスですから妥協せずにしっかり考えましょう。夫婦2人の寝室を作るなら、ひとりずつ寝られるようにツインベッドにするか、2人一緒に寝られるベッドにするかという点から考えます
。ダブルベッドはスキンシップを取るのには適していますが、生活時間にずれがあると安眠できないという難点があります。
ツインベッドにするならサイズはシングルもしくはセミダブル、2人一緒に寝るならダブルもしくはクイーン、キングというサイズになります。寝返りを打ちやすいゆったり寝られるサイズを選ぶのがポイントです。

詳しくは、夫婦で休むベッドの大きさは?新築で失敗しない寝室講座をご参照ください。

寝室の窓は想像以上に重要!新築だからこそこだわろう

寝室の窓は想像以上に重要!新築だからこそこだわろう

寝室の窓の位置は想像している以上に重要ですから、新築時にはどのような形の窓をどこに設置するのかをよく考えましょう。たとえば、ベッドのすぐ横や頭の上に窓が来ると冬場はとても寒く感じます。
東側に窓がある場合には、直接光が目に入るとまぶしいので位置をずらす必要もあります。新築前は朝日を浴びられるのが気持ちよさそうだと思っていても、実際住み始めてみたら、夏は早朝からまぶしくて寝ていられないということもありますから注意しましょう。
西からの直射日光が入る窓も、夏場は寝室が暑くなり、冷房が効きにくくなります。安眠しやすい寝室の条件を考えると、断熱性、遮光性、防音性が重要ですから、窓の位置や形を工夫する以外にも、ペアガラスにしたり、シャッターを取り付けたりすることを考えるとよいでしょう。
夏と冬とでは太陽の角度が異なるので、夏は直射日光を防ぐことができ、冬は暖かい日光を取り込めるような位置に横に細長い窓を取り付けるのも有効です。

詳しくは、新築だからこそこだわりたい!寝室に適した窓とは?をご参照ください。

新築でありがちな寝室の失敗例!活かし方はひとつではない

新築でありがちな寝室の失敗例!活かし方はひとつではない

新築で寝室を作るなら、これまでに家を建てた人が実際にしてしまった失敗例を参考にすると転ばぬ先の杖になります。新築時に寝室づくりで失敗する点はある程度限られているので、どんな失敗をしやすいのかを知っておけば、使い勝手の良い寝室を作りやすくなります。
特に、間取りは作ってしまったあとからではどうしようもない部分ですから、失敗例を参考にしたい部分です。「北側に寝室を作ってしまって寒かった」「外を通る人や車の音がうるさい」「窓の位置が悪くて光がまぶしく冬場は寒い」などといった失敗例の活かし方はひとつではありません。
土地や建物の大きさが十分にあり、寝室の位置や窓の位置を変えられれば良いのですが、どうしても土地の関係上、寝室を北側や通路側に置かなければならないケースや、窓の位置を変えられないケースもあります。
そのようなとき、断熱性や遮音性の高い窓にしたり、シャッターを取り付けたりするという方法も選べます。失敗の活かし方は複数あると考えましょう。

詳しくは、新築を考える人へ!寝室に関する失敗例とアドバイスをご参照ください。

ポイントを押さえれば快適な寝室づくりも夢ではない

寝室には考えなければならない要素はたくさんあります。新築する家の数だけ理想の寝室の条件はあるといっても過言ではありません。
寝室をどのように使いたいのか、寝室にどのような機能を持たせたいのかは人によっても違いますし、快適な寝室の条件は住む場所や家の構造によっても異なります。
自分たち家族にとって大事なこだわりは何なのか、必要なことを一つひとつ洗い出し、寝室のレイアウトを考えることが大切です。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事