昔多かったイメージのあるクローズドキッチン… 計り知れないそのメリットとは?

11,268 view

昔多かったイメージのあるクローズドキッチン… 計り知れないそのメリットとは?

毎日料理を行う方にとって、キッチンの形状選びは重要なポイントと言えます。
おしゃれで洗練されたデザインが美しいペニンシュラ型やアイランド、使い勝手の良いL型などのキッチンは人気が高いです。
しかし、昔多かったイメージのあるクローズドキッチンは、料理好きな方にとってメリットが多い形状といえます。
今回は、クローズドキッチンの特徴についてご紹介します。

流行には流されない!クローズドキッチンのメリットはなに?

流行には流されない!クローズドキッチンのメリットはなに?

主婦にとって使う時間も多いキッチンは、デザイン性だけではなく機能性も重視したいところです。
「古い」というイメージを持たれやすいクローズドキッチンは、料理好きな方にとってメリットの多いキッチンとして知られています。
今回のアンケートでは、実際にクローズドキッチンを設置した方に、その魅力について聞いてみました。

料理に専念できる快適な空間!クローズドキッチンのメリット

・来客等があった時に見られないで済むのはよかったと思います。
あとはサプライズで何か作るときにクローズドキッチンの方が内緒に出来るのでいいと思います。(40代/女性/専業主婦)
・賃貸のマンションでキッチンにこだわっていたわけではなく、たまたまクローズドキッチンだったのですが、ダイニングからも少し離れていて、完全に自分だけの空間なので、物の置き場所1つでも自分の好きなように配置できる自分のお城のような感覚が一番気に入っているところです。
また、余計なことを気にせずに調理に専念できて効率的な所も良いと思います。(30代/女性/専業主婦)
・オープンキッチンに比べ匂いが部屋につきにくく、油分などで汚れる範囲が限られるため掃除しやすい。
キッチン用具があちこちに置きっぱなしになりにくい。場所が限られているので必要以上に物が増えない。(30代/女性/専業主婦)
・小さい子供やペットがいるので料理中に隔離できる。(40代/女性/専業主婦)
・お客さんを自宅に招待した時など、いわばバックヤードにあたるキッチンの様子を隠しておける点が便利です。(50代/女性/専業主婦)
・お客様を招いてホームパーティをすることが多いので、使用済みの食器やゴミが目に触れないのが嬉しいです。(40代/女性/専業主婦)

【質問】
クローズドキッチンで良かったと思うことを具体的に教えてください。

【調査結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【職業】専業主婦(主夫)
調査期間:2017年06月06日~2017年06月12日
有効回答数:66サンプル

クローズドキッチンのメリットは「キッチン内を人に見られない」「子供やペットがいる場合でも安全」「リビング・ダイニングの匂いや汚れを回避できる」などさまざまなものがあるようです。
また、主婦の方のなかには「自分だけの空間が確保できるのがメリット」と回答する方もいました。

多少は散らかっていても大丈夫?クローズドキッチンのメリット

多少は散らかっていても大丈夫?クローズドキッチンのメリット

クローズドキッチンとは三方が壁に囲まれており、独立した形状になっているキッチンです。この形状から、独立型キッチンとも呼ばれています。
クローズドキッチンといえば、少し古い物件などに取り付けられているイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。
しかし、クローズドキッチンは、料理好きな方にメリットの多いキッチンと言えます。
まず、クローズドキッチンのメリットとして挙げられるのが、煙や音、臭い漏れなどを気にせずに調理できる点です。
オープンキッチンの場合は臭いがリビングやダイニングに漏れてしまい、壁紙に臭いが付いてしまうことなどもありますが、クローズドキッチンの場合、それらの心配が一切なく調理に専念することができます。
クローズドキッチンはキッチン自体が独立した形状になっているため、油はねによってリビングやダイニングが汚れてしまう心配もありません。また、調理スペースが人目に触れないこともメリットとして挙げられます。調理する方がより使いやすいように調理器具を配置でき、自身が思い描くキッチンを実現しやすいのです。

やっぱり少し寂しい?クローズドキッチンのデメリット

クローズドキッチンのデメリットとして挙げられるのが、リビングやダイニングとの会話がしづらい点です。三方が壁や仕切りに囲まれているクローズドキッチンは、リビングやダイニングにいる人と顔を合わせることができません。
また、調理を行っているあいだは、調理の音や換気扇の音などの影響で声が聞こえづらくなってしまう場合もあります。リビングやダイニングにいる家族や友人と、コミュニケーションを密に取りながら調理したいという方には不向きです。
次にクローズドキッチンのデメリットとして挙げられるのが、料理を運びにくいという点です。オープンキッチンなどとは違い、キッチンが独立した空間のなかに設置されているため、料理や食事後のお皿を下げる際に不便さを感じる方もいるようです。
また、ペニンシュラ型やアイランド型のキッチンと比べると、デザイン性に欠けるというデメリットもあります。ペニンシュラ型やアイランド型などのキッチンをリビング・ダイニングに設置することで部屋全体が開放的に見えます。
しかし、クローズドキッチンの場合、キッチンを壁や仕切りで囲ってしまうために圧迫感が出てしまいやすいのです。

主婦の独立空間を楽しみたい!クローズドキッチンが向いている人

クローズドキッチンは、料理に専念したい方やプライベートな空間の中で料理をしたい方などにメリットが多いです。リビングやダイニングとのコミュニケーションが取れない分だけ気を散らさずに料理に集中できます。
また、キッチン周りのスペースも確保しやすいために、調理器具や食品、料理に関する本などを置いておけます。独立した空間の中で、料理やお菓子作りに没頭することができ、忙しい主婦の方でもプライベートな時間を確保しやすいです。
また「見せる収納」が苦手な方にもクローズドキッチンは適しています。オープンキッチンの場合、調理スペースがリビング・ダイニングから見えやすいです。
そのため、リビングやダイニングから見てもキッチンが美しく見えるよう収納に工夫を加える必要がありました。
しかし、クローズドキッチンはリビング・ダイニングからの視線を気にすることなく使用できます。見せる収納などにこだわらず、機能性を重視した収納を設置しやすいのです。

まとめ

クローズドキッチンなら料理に集中することができ、自分のプライベートな時間を確保しやすいという特徴があります。
また、リビングやダイニングへの臭い移りや汚れを気にすることなくキッチンが使用できるのも嬉しいポイント。
新築住宅の美しいリビング・ダイニングをキープしやすく、調理する人のスタイルに合った調理空間を実現しやすいクローズドキッチンは、料理好きな人にぴったりなキッチンと言えるでしょう。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

関連記事:

使いやすい素敵なキッチンにしたい!レイアウトのポイントとは

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事