3ldkの平屋を建てる!広さや費用のポイントは?

12,562 view

広い土地を確保することが難しい都心部では3階建ても多く見られますが、戸建て住宅においては一般的には2階建てが主流となっています。
一方、平屋はワンフロアしかなく間取りの取り方が難しい印象が持たれ、2階建て・3階建ての家に比べて数は多くありません。
ただし、平屋の場合でも、十分な広さがあれば工夫次第で3ldkの間取りの家を建てることが可能です。この記事では、平屋を建てるときに気を付けたい部屋の広さや費用のポイントについて紹介します。

 

3ldkの平屋にするメリット

核家族化が進み、ひと家族の人数が少なくなっているなか、不要な広さは省きシンプルな暮らしを求める人も増えています。そこで、注目されるのが平屋です。
フロア数が少ないことから平屋に対して狭いイメージを持っている人も少なくありませんが、ある程度の面積を持った土地に建てた平屋の3ldkなら家族で住むのにちょうど良い広さとなります。
たとえば、夫婦2人と子ども2人の家族構成であれば、3ldkの間取りで十分です。3ldkあれば夫婦の寝室と子ども2人がそれぞれ1部屋ずつ自分の部屋を持つことができます。
そもそも上層階のない平屋では階段が不要なため、非居住空間がなく、土地を有効的に広々と使用できるのです。

さらに、階段を上り下りする必要がなく、動線が短くなるため、家のなかでの移動や家事の負担が軽くなります。また、上下の移動が少なくなるということは、高齢になったときにも住みやすい暮らしになるとういことです。
年齢を重ねていくとちょっとした段差で転倒しケガをしてしまったり、若いときにはまったく負担に感じなかったような階段の上り下りが辛く感じやすくなったりします。
しかし、平屋であれば、階段を使用せずに生活を送ることができ、将来、バリアフリーリフォームも容易であるなど、高齢になってからの生活も安心です。

加えて、家族間のコミュニケーションが取りやすい点もメリットとして挙げられます。2階建てや3階建ての家では、リビングなどの共有スペースとそれぞれの個室を別のフロアに作るケースが少なくありません。
また、トイレや簡易的な洗面所を2階や3階に追加して設置する家もあります。このため、複数のフロアを持つ家では家族が過ごすエリアがバラバラになってしまうことも多くあるのです。
一方、ワンフロアしかなければ生活のすべてが同じフロア内で行われるため、家族の動線は重なりやすくなります。常にリビングに集まっていない場合でも家族が顔を合わせることが多くなるため、コミュニケーションを取る機会も自然と増えることでしょう。

 

部屋の広さの目安は?

平屋で3ldkの間取りを作ると、各部屋の広さはどれくらいになるのか目安を知っておくと家づくりの際にイメージがつかみやすく便利です。生活を送るためには、玄関やお風呂、トイレ、洗面室などを作ることも必須となるため、それらを除いたスペースのなかで各部屋を設けることを想定し広さの目安を考えます。

たとえば、22坪の広さに、夫婦の寝室と子ども部屋2室を用意するために洋室を3室作るなら、洋室それぞれを6畳とし、ldk部分は10畳程度の広さを取ることが可能です。一般的に、子ども部屋であれば最低4畳半あれば、ベッドと学習机、ちょっとしたチェストを置くことができます。寝るときと勉強するときに使用する部屋であれば十分な広さです。
6畳あれば、さらに余裕な空間ができ、友達と一緒にでも過ごせるようなゆとりを持った部屋になります。また、ldkについては10畳だとコンパクトなサイズのダイニングテーブルに2人用のソファが置けるため、夫婦2人暮らしであれば十分な広さです。
4人家族の利用なら少し手狭になりますが、ダイニングテーブルの代わりにカウンターキッチンにしたり、ソファを壁にくっつけて置いたりするなど工夫次第で無理のないレイアウトを作ることもできます。

一方、少し広めの27坪の家であれば、余裕を持った間取りを作ることが可能です。同じ洋室3室を取る場合であっても、6畳2室に加えて8畳の洋室を1室作ることができます。8畳の広さを持つ部屋なら、ダブルベッドを置いて、さらにナイトテーブルや大きなサイズのドレッサーなどを設置するスペースも取れるでしょう。
また、ldkの広さを16畳にすることで、コンパクトなタイプのダイニングテーブル、ソファ、ソファテーブルを置くことができ、シンプルな暮らしをするのであれば家族4人でも広さを十分に感じられるようになります。

 

3ldkの平屋の間取り事例

快適な平屋暮らしを望むなら部屋の配置にも工夫が必要です。まず、日当たりを考慮し、玄関は北向きに、リビングは南側に配置することがポイントとなります。南向きの部屋は季節を問わず日照時間が長いため、家族が長く集う部屋を明るく暖かい場所にすることができるからです。
反対に、日当たりが悪い北側のスペースは滞在する時間が短い玄関に利用するのが上手な間取りとなります。ただし、実際に家づくりを行う際には道路と接する方角も考慮して決めなければいけません。土地から購入するのであれば、道路がどの方向にあるのかも確認したうえで土地選びをしておくと間取りを決めやすくなります。

たとえば、道路が南側に接している土地は人気が高く、分譲地でも多く見られるタイプです。ただし、日当たりを考慮し、道路が接している南側にリビングを設けると、道行く人からリビング内が丸見えとなってしまうこともあります。
特に、リビングでは足元まである大きな窓を設置することが一般的で、室内が目に入りやすくなるため注意が必要です。プライバシーを守りたいのであれば、日当たりのいい南側に玄関を作り、日当たりの悪い北側にリビングを設けざるを得なくなるケースもあります。
ただし、道路に面したリビングでも、目隠し効果のあるエクステリアにすることで外からの視線を気にすることなく生活することは可能です。
一方、北側に道路が面している土地は南向きの土地と比べると人気が低く資産価値は落ちやすくなります。しかし、日当たりの良い南側にリビングを配置でき、窓の少ない玄関を北側に置けるため、プライバシーの面で安心して暮らしやすい点が魅力です。

また、3ldkの平屋では、リビングの前にウッドデッキを設ける事例も多く見られます。リビングにウッドデッキがつながるように配置されることで、アウトドアリビングとしても活用でき便利です。
天気の良い日にはウッドデッキで食事やお茶を楽しんだり、読書をして過ごしたりすることもできます。さらに、平屋の収納スペースに不足を感じているなら、屋根裏部屋を作るのも手段です。
季節品など普段使うことがないけれど保管しておきたいものを屋根裏部屋に収納しておけば、生活空間の場所を取らずにすっきりとした暮らしができるようになります。

 

3ldkの平屋建築にかかる費用

家を建てる際に気になるのが費用です。2階建てや3階建てと比べて、平屋の建築にかかる費用は安くなるのか、高くなるのかという点が気になる人も多いことでしょう。
平屋と2階以上の家を建てるときの費用の違いについては、一概にどちらのほうが安いとは言えません。同じ床面積の家を建てる場合、平屋であれば、縦に広さを取れない分、横に広さを取らなければいけなくなるからです。
横に広い家を建てるということは、基礎部分の建築費用が高くなります。また、屋根も広く設置することが必要です。特に、基礎部分は耐震や家の強度を高めるために重要となる部分となるため、費用が上がりやすくなります。

このため、平屋だから費用を抑えられるということは必ずしもなく、家の造りなどによっても実際にかかる費用は異なってきます。ただし、ローコスト系メーカーなら平屋の3ldkでだいたい1000万程度からになるケースが一般的です。
一方、有名な住宅メーカーの場合であれば、坪単価が高い傾向にあるため、2000万円中盤程度の費用がかかることが多くなっています。敷地面積に余裕がない状態で間取りを工夫しようとすると坪単価が上がりやすくなるため、気を付けて間取りを決めるようにしましょう。

 

3ldkの平屋を検討してみよう!

ある程度の土地の広ささえあれば、3ldkの平屋は十分に実現できる建築です。無駄なく十分な機能を持って暮らせる3ldkの住宅を考えているのなら、平屋を検討してみるとよいでしょう。
全国で年間400棟のデザイン住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツなら、自分たちらしい暮らしができる3ldkの平屋を設計してもらうことが可能です。
どのような家ができるのかイメージしたいなら、資料請求で手に入る建築実例集を参考にするとよいでしょう。約40の住宅について写真とともに間取りや価格などを見ることができます。

 

フリーダムには「家づくり」に関する各種相談窓口がございます。
家づくりを検討されている方、土地をお探しの方、新築・中古問わず住宅の購入を検討されている方、すでにフリーダムとご契約されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

◆◆「フリーダムが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事