流山市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

1,567 view

つくばエキスプレスの開通に伴い、流山市内は駅周辺に住宅、マンションなどの開発が進められて、人口が増えています。交通利便性がグッと高まり、都心までもアクセスしやすく通勤や通学にも大変便利です。駅周辺は賑やかですが、少し離れると豊かな自然が残っていて子育て世帯からも人気を集めています。ここでは、流山市で注文住宅の建築を検討されている人のために、押さえておきたいポイントを紹介していきます。

 

流山市の人口と面積と交通状況

流山市は、千葉県北西部に位置する市であり、面積35.32平方メートル、人口191,403人です。(流山市役所ホームページより)

つくばエキスプレスの開通以前、東武野田線やJR武蔵野市線は通っていましたが、決して交通利便性が高いとは言えませんでした。しかし、つくばエキスプレス開通後は、都心まで約20分と通勤・通学の利便性が向上し、さらに駅周辺が大規模開発されたことから、子育て世代を中心に流山市への人口流入が加速したのです。

流山市は、東は柏市、西側は江戸川を隔てて埼玉県三郷市と吉川市、南部は松戸市、北は野田市と隣接しています。市内には、JR武蔵野線と常磐線、流鉄流山線、東武野田線、つくばエキスプレスが走っており、都心や埼玉、千葉方面へのアクセスが良好です。また、つくばエキスプレスの開業に合わせて市内の路線バスが新設・再編され、京成バスと東武バスが流山市内の便利な住民の足となっています。

 

流山市のエリア情報

流山市で注文住宅の建築を考えているなら、どこに住むかで生活利便性や住環境が変わってきます。特に、2005年に開通したつくばエキスプレスの駅周辺の再開発が急速に進んでいるため、つくばエキスプレスの駅周辺の人口が著しく増えています。

#流山おおたかの森
流山おおたかの森周辺が、住みやすいエリアとして注目されるようになったのは、子育て世代向けの施設が充実していることと、交通の便が良いからです。流山おおたかの森駅はつくばエキスプレスの普通から快速まで全ての電車が停車し、東京都内の主要な駅まで約1時間でアクセスできます。また、東武アーバンパークラインを利用すれば、船橋や柏方面、大宮方面に出かけるときに便利です。東京方面からの最終電車も24時くらいまで運行しているので、仕事や飲み会で遅くなってしまっても安心です。

流山おおたかの森駅のすぐ近くに「流山おおたかの森S.C」があり、ファッションやグルメ、食品など、さまざまなお店が入っていて存分に買い物を楽しめます。また、子育て世代が買い物しやすい環境が整っているのがポイント。キッズスペースの設置や子ども向けイベントを実施し、子連れが快適に買い物できるように配慮されています。また、ショッピングセンターの真向かいには、「流山おおたかの森メディカルモール」があって、内科、小児科、皮膚科など、さまざまな診療科が一カ所に集約されていて便利です。

#流山セントラルパーク
つくばエキスプレスの普通しか停まらないため、流山市内にあるつくばエキスプレスの駅の中では開発が遅れ気味のエリアです。まだ、住居が少なく、これからマンションや町並みが整備されていくと言われています。駅前にはバスロータリーがあって、南流山や柏方面に向かう東武バスが運行しているので交通の便は悪くありません。駅前には交番があって、パトカーが周辺を巡回しているので、治安は良いと言えます。また、駅から徒歩2分のところに「流山市総合運動公園」があるので、子どもの遊び場や散歩にも利用できます。駅から徒歩5分圏内にスーパーとドラッグストアがあるので、日用品の買い物には困らないでしょう。

#南流山
つくばエキスプレスの普通から快速まで全ての電車が止まることや、東武野田線も乗り入れていることから、通勤・通学に便利です。駅周辺には夜遅くまで営業しているスーパーもあるので、仕事で帰りが遅くなっても利用できます。大型ショッピングセンターや繁華街はないので、のどかで落ち着いた雰囲気となっています。犯罪件数も少なく治安は良好なので、安心して暮らせるでしょう。

 

流山市の人気スポット

流山市で注文住宅を建てるなら、近くに観光や人気スポットがあると助かります。流山市には魅力的なスポットがいくつかあるので、お出かけには困らないでしょう。

#赤城神社
流山という地名の元になったと言われている神社です。見どころは鳥居前にある長さ約7m、重さ約700kg、太さ約2mある大しめ縄で、毎年10月に大しめ縄行事が行われます。自然豊かで落ち着いているので、リフレッシュ目的で散歩するのもおすすめです。

#近藤勇陣屋跡
幕末に新撰組が屯集したのが流山で、最後の陣営地となった場所です。毎年4月には流山新撰組祭りが行われていて、特に新撰組ファンや歴史好きの人は見応えがあるスポットです。

#万華鏡ギャラリー寺田屋茶舗見世蔵
江戸から明治期にかけ、店舗兼住居として建てられた土蔵「見世蔵」です。流山在住の万華鏡作家「中里保子先生」の作品が展示されています。変わった形をした万華鏡がたくさん置いてあり、子どもだけでなく大人も楽しめる施設です。

#清水公園
入園無料の公園ですが、日本さくら名所100選にも選ばれるほど四季折々の美しい花が楽しめます。園内にはフィールドアスレチックやキャンプ場、ポニー公園などの設備が充実しているので、11日たっぷりと遊べます。

#キッコーマンもの知りしょうゆ館
キッコーマンしょうゆづくりが見学できるミュージアムです。実際にしょうゆが作られている様子を見学でき、しょうゆの味や色、香りを体験できる「まめカフェ」も楽しめます。小学生を対象としたしょうゆ作り体験も行っています。

 

流山市は子育て世代におすすめ!

子どもの誕生や成長をきっかけに、注文住宅建築を考える人も多いでしょう。流山市は子育て環境が整っているので、子育て世代にもおすすめのエリアです。「母になるなら流山」というキャッチフレーズのもとで、さまざまな子育て支援を行っています。

#送迎保育システム
流山おおたかの森東口駅前ビルには、送迎保育ステーションがあり、朝に子どもを預かって市内の指定保育所までバスで送迎してくれるサービスを導入しています。利用条件はあるものの、送迎の負担が減らせるのは助かります。

#ファミリーサポートセンター
育児の援助を受けたい会員と、育児援助を提供する会員が助け合う制度です。冠婚葬祭などの急用や習い事の送迎など、困ったときに使えるので登録しておくと便利です。

流山市は交通の利便性も高いので、将来を見据えた共働き夫婦が住宅を建てるのにも適しています。

 

流山市で注文住宅を建てるときの注意点

流山市で注文住宅を建てるときは、土地を所有している人以外は土地探しと建築依頼先を探すことから始まります。交通利便性や周辺環境を考えると、つくばエキスプレスの駅である「流山おおたかの森」「流山セントラルパーク」「南流山」が人気です。ちなみに、流山おおたかの森の平均坪単価が66.7万円、流山セントラルパークは47.9万円です。

人気エリアであることから、流山市内の他のエリアよりも土地の価格が高くなってしまうため予算や間取りで工夫が必要かもしれません。希望の間取りやプラン、予算に見合う土地までトータルで相談できるので、注文住宅の専門業者に土地探しをお願いすることをおすすめします。

 

人気の流山市で注文住宅を建てよう!

流山市は交通の利便性にも恵まれていて、子育て世代にうれしい制度が充実したエリアです。つくばエキスプレスの駅周辺を中心に開発が進められており、土地も販売されています。

良い土地を選ぶことと理想の住まいづくりを実現するためには、建築依頼先探しが重要です。土地探しから間取りの作成、建築設計まで全て任せられる「フリーダムアーキテクツ」に相談してみましょう。

 

◆◆土地探し無料相談会の詳細はこちら

◆◆家づくり無料相談会の詳細はこちら

◆◆まずは資料請求からという方はこちら

 

千葉県の他地域を見てみる

◆◆市原市の詳細はこちら

◆◆八千代市の詳細はこちら

◆◆印西市の詳細はこちら

◆◆成田市の詳細はこちら

◆◆我孫子市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事