特別な道具は不要?キッチンをいつもきれいな状態に保つ掃除方法

375 view

キッチンは油汚れや水アカなどの落ちにくい汚れがつきやすく、家の中でも掃除が大変な場所です。しかも、キッチンは毎日食事を作る場所なので、できることなら常にきれいな状態にしておきたいもの。
キッチンの汚れは時間が経つとどんどん落ちにくくなってしまうので、なるべくこまめに掃除をする必要があります。
そこでこの記事では、洗剤の選び方や掃除で使える便利グッズ、頑固な汚れを落とす方法など、キッチン掃除に役立つ情報を紹介します。

キッチン汚れの基本のお手入れ

キッチン汚れの多くは、調理中に飛び跳ねた油や調味料が付着したものです。時間が経つと汚れが固まってしまい、落とすのが大変になってしまうので、できるだけキッチンを使った直後に掃除するのが基本になります。
そんなキッチンの掃除に大活躍してくれるのが重曹です。重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれており、ふくらし粉として料理に使われたり、入浴剤の原料として使われたりしているものです。

これがどうして掃除で使われるのかというと、重曹が弱アルカリ性であることと関係しています。実は、アルカリ性の物質と酸性の物質が混ざるとお互いに溶けることがわかっています。キッチンの油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹を使うことで汚れが溶ける仕組みです。
また、重曹は粒が硬いうえに水に溶けにくいので、粉のまま汚れをこすって削り落とすこともでき、使い勝手が良いことも理由です。さらに、キッチンは食事を作る場所なので、掃除で使うものもなるべく安全なものを選ぶ必要があります。重曹は料理にも使われており、体に入れても害がないため、キッチンを中心に広く利用されています。

料理中に飛び跳ねた油や調味料などの軽い汚れを落とすには、まず水と重曹を混ぜて重曹水を作りましょう。これをスプレーボトルに入れて汚れに吹きかけ、濡れ雑巾で拭くだけで汚れが簡単に落ちます。
最後に水拭き・乾拭きをするだけで掃除は終了です。重曹は浸け置きにも向いているので、拭くだけでは落ちない五徳などの掃除をするときは、しばらく浸け置きしてみると良いでしょう。

掃除用の洗剤はキッチンの材質によって使い分けよう

キッチンの掃除をするときには、まずキッチンの材質を確認しておきましょう。洗剤によっては、キッチンを傷つけてしまう場合があるからです。材質と洗剤にはそれぞれ相性があるので、掃除する材質に適した洗剤を選ぶ必要があります。

キッチンの材質で代表的なものといえば、ガス台に使われることが多いフッ素コートです。アルカリ性のものに弱く、硬いものでこするとコーティングが剥がれる可能性があります。
IH調理器やガス台のトッププレートに使われるガラスプレートも、掃除の際はフッ素コートと同じ点に注意しましょう。シンクでよく使われるのが人工大理石。
掃除の際の特別な注意点はありませんが、洗剤の種類によっては表面の光沢がなくなってしまうことがあります。

また、換気扇のフィルターやファン、ガス台の五徳下の受け皿などはアルミニウムでできています。
アルミニウムに表面を保護するアルマイト加工というものがされていない場合は、酸やアルカリに触れると変色しやすく、傷もつきやすいので、掃除の際には気をつけましょう。
最後に、レンジフートや換気扇のファンに使われているのが亜鉛メッキ鋼板・プレコート鋼板です。強アルカリ性に弱いため、洗剤選びの際には注意が必要です。

掃除用の洗剤としては、先にも紹介したように、重曹がよく使われます。弱アルカリ性なので、強アルカリ性に弱いフッ素コートやガラスプレート、亜鉛メッキ鋼板・プレコート鋼板にも使用可能です。
ただし、これらの材質に粉末のままこするとコーティングが剥がれたり傷がついたりする場合があるので、水に溶かして使うようにしましょう。また、アルミニウムに使うと黒ずんでしまうので、換気扇のフィルターやファン、ガス台の五徳下の受け皿への使用は控える必要があります。
同じく弱アルカリ性の洗剤としては、セスキ炭酸ソーダが挙げられます。注意点は重曹の場合とほぼ同じです。重曹によりも水に溶けやすく、アルカリが強いのが特徴です。

一方、酸性の洗剤で有名なのがクエン酸でしょう。シンク周りの水アカなど、アルカリ性の汚れに効果があります。ただし、人工大理石のシンクやアルミニウムのものに使う場合には、変色してしまわないか、目立たないところであらかじめ確認する必要があります。

以上は天然物質ですが、ここからは本格的な洗剤です。まずはクレンザー。研磨力の高さが特徴ですが、粉末は傷の原因になるため、傷つきやすい材質に使用するときにはクリームタイプのクレンザーを選ぶと良いでしょう。
また、掃除で広く使われるのが中性洗剤です。強い酸性やアルカリ性に弱い材質に対しても安心して使えます。さらに、漂白剤も掃除でよく使われますが、アルカリ性なのでフッ素コートやガラスプレート、アルミニウムや亜鉛メッキ鋼板・プレコート鋼板への使用は向いていません。
なお、漂白剤は酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、クエン酸などと混ぜないように気をつける必要があります。

また、消毒用にはエタノールがよく使われます。エタノールは揮発性・引火性があるので火の元には気をつけましょう。最後に、掃除の仕上げにも使える除菌スプレー。
キッチンで使う場合には、食品由来成分のものなど、なるべく安全なものを選ぶと良いでしょう。消毒用エタノールと除菌スプレーは比較的幅広い材質に使用できます。

キッチン掃除にあると便利な身近なグッズ

キッチンを掃除するときには、洗剤だけではなく道具も必要です。そうはいっても、掃除に向けて特別な道具を用意する必要はありません。身近なもので掃除ができます。

まずは、使い古した歯ブラシ。こびりついた油汚れをこするのに使えます。また、ゴム手袋の上から軍手をはめれば、そのまま手を雑巾のように使えて便利です。雑巾が入りにくい隙間も、指を使えば楽に届きます。
水拭きと乾拭きが必要な場合は、右手と左手で使い分けることもできるので時短にもなります。さらに、伝線したストッキングも、実は掃除で使えるアイテムなのです。ストッキングを三つ編みにすれば、蛇口などステンレス部分の仕上げ磨きに使えます。

ストッキングと同様、磨く目的に使いたいのが食品用ラップ。ガラスプレートは傷がつきやすいと先に説明しましたが、丸めたラップにクリームタイプのクレンザーをつけて磨けば、傷をつけずに掃除ができます。ガラスプレート以外の傷がつきやすい材質にも向いている掃除方法です。
そして最後に、布巻スプーンです。これは、スプーンに不要になった布を巻きつけただけのもの。細い隙間に入りやすいうえに、布があるので傷がつきにくいのが特徴です。簡単に作れるので、ぜひ実践してみましょう。

汚れやすいコンロの掃除は熱いうちにサッと

コンロ周りは油や調味料が飛び散ることが多く、そのまま放置していると頑固な汚れになってしまいます。なるべく時間を置かずに掃除するよう心がけましょう。掃除の仕方はガスコンロとIHコンロで異なります。

ガスコンロの場合は、重曹を使うと効果的です。まず、重曹水を用意し、そこに五徳や受け皿を浸してしばらく放置します。その後、スポンジや使い古した歯ブラシなどでこすれば汚れが落ちます。
五徳や受け皿が熱を持っている間は油が落ちやすい状態なので、この方法で汚れを落とすことができますが、時間が経っていると普通の重曹水ではなかなか落ちません。
その場合は重曹水を鍋で沸騰させ、沸騰した状態のまま五徳や受け皿を入れてしばらく加熱し、冷めるまで放置してからこすると良いでしょう。

次に、IHコンロの場合は、先に紹介した食品用ラップを使う方法が有効です。丸めた食品用ラップにクリームタイプのクレンザーをつけ、傷がつかないように丁寧に拭き掃除をしましょう。

魚焼きグリルは重曹の浸け置き洗いでカンタン!

キッチンの中でも、魚焼きグリルの掃除には手を焼いている人が多いのではないでしょうか。そんな魚焼きグリルは、浸け置きして汚れを浮かせることがポイントです。

まず、ゴミ袋、重曹、湯を用意します。ゴミ袋の中に重曹と湯を入れて混ぜ、そこに魚焼きグリルを入れて10~15分ほど浸け置きします。
その後、汚れをスポンジや使い古した歯ブラシでこすって落とし、最後に水で洗い流せば掃除は完了です。もし浸け置きしてもまだ汚れがこびりついているようなら、浸け置きする時間を長くしてみましょう。
重曹水に浸けて放置しておくだけで汚れを落とせる簡単な方法なので、こまめに実践すれば常にきれいな状態をキープできます。

シンクの水アカは酸性の洗剤で落とす

シンクの水アカは気がついたらできていることが多く、放置しておくとどんどん頑固な汚れになっていきます。水滴が飛び散ったあとにすぐ拭き取れば汚れにはなりませんが、毎回拭き取るのは難しいものです。
そんなシンクの掃除には、クエン酸や酢などの酸性のものを使うのが効果的です。アルカリ性の重曹が酸性の油汚れに効果的なのと同じく、アルカリ性の水アカに対して酸性のものを使えば簡単に汚れを溶かすことができます。

まず、クエン酸や酢を水に溶かし、それをやわらかい布やスポンジにつけて少しずつこすります。この方法で落ちない場合はクエン酸や酢をペーパータオルに含ませ、汚れの上からそれをかぶせてパックし、2~3時間放置してみましょう。その後、スポンジなどでこすればしつこい水アカも落とすことができます。

キッチンの頑固な油汚れにはアルカリ性の洗剤で落とす

コンロ・魚焼きグリル・シンク以外にも、キッチンには頑固な油汚れがつく場所がまだまだあります。例えば、換気扇がその1つです。

換気扇の油汚れの掃除方法は、基本的に魚焼きグリルの掃除方法と同じです。まず、大きいビニール袋、湯、重曹またはセスキ炭酸ソーダを準備します。ビニール袋の中に湯と重曹またはセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜ、そこに取り外した換気扇を入れて数時間放置し、その後スポンジや使い古した歯ブラシを使って汚れを落とします。
セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性が高く、油汚れやタンパク質汚れに強いのが特徴です。ただし、アルカリ性が高いぶん刺激が強いので、直接手で触るのは避けたほうが良いでしょう。掃除の際にはゴム手袋がかかせません。

また、油や調味料などはキッチンの壁にも飛び散ります。キッチンの壁には、重曹やセスキ炭酸ソーダを水に溶かして雑巾などに染みこませ、上から下へ一方向に拭く方法が効果的です。
汚れを拭いたあとは重曹やセスキ炭酸ソーダが残らないようにしっかり水拭きも行いましょう。これらが残ってしまうと、白い跡がついたり壁が傷んだりする原因になります。

なお、この方法は水拭きできる壁かどうかを確認してから行うようにしてください。水を壁紙に少量つけ、壁が水を吸い込むかどうかで確認できます。
壁が水分を吸収する場合は、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水を壁が吸い込んでしまうので、この方法での掃除はできません。水をはじく壁にのみ実践できる方法です。また、拭き掃除を行うときは照明のスイッチやコンセントの中に水分が入らないように気をつけましょう。

頑固な汚れはプロに頼んでメンテナンスをしよう

キッチンの掃除には身近な道具が使えるので、なにか特別な道具を用意する必要はありません。普段からこまめに掃除して汚れがたまらないようにしていれば、掃除は簡単なもので済み、時間もあまりかからないでしょう。
しかし、こまめに掃除できていない場合は汚れがこびりついてしまい、なかなか落ちない頑固汚れになってしまいます。こうなってしまうときれいな状態に戻すのにはかなりの労力と時間が必要です。忙しくてこまめに掃除ができない、時間がないなどの場合は家事代行サービスの利用や、頑固な汚れにはハウスクリーニングで一度汚れをリセットするのも1つの手段です。

家事代行のベアーズなら、不在時でも日常的な掃除をプロが代わりに行ってくれます。仕事で家を空けがちな人はもちろん、出産応援プランもあるので、産前産後で体調が不安定な人にもぴったりです。
定期的な利用だけでなく、必要な日のみ家事を依頼できるプランもあるので、汚れが目立つようになったときや年末の大掃除などのタイミングで掃除してもらうこともできます。

さらに、ベアーズは家事代行サービスだけでなく、ハウスクリーニングも行っています。キッチンのクリーニングに特化したコースもあり、コンロ周りやシンク内はもちろん、換気扇や窓までプロがしっかり掃除をしてくれるので、本格的にキッチンの掃除を依頼したい場合はこちらが向いているでしょう。

長い間キッチン汚れを放置してしまった人は、掃除のプロによる専門清掃や家事代行サービスに掃除を頼んでみるのも良い方法です。ベアーズなら打ち合わせや見積もり作成を行ってからサービスを行うので、追加料金が発生することがなく安心です。ホームページには活用事例も載っているので、興味のある人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事