エアコン掃除は自分でできる?エアコンをきれいな状態に保つコツ

959 view

室内の温度を調整するため、夏・冬などに稼働するエアコン。稼働する時間が長いため、汚れやすい家電の1つです。そして、定期的に掃除をしなければエアコンそのものの稼働効率が下がることや、嫌な臭いがしてくるなどの問題も起こります。そこで今回は、汚れが溜まりやすいエアコンを掃除する方法や具体的な手順、きれいな状態を保つコツなどを解説します。

今すぐエアコンクリーニングを依頼したい方はこちら

 

エアコン掃除をした方がいい理由

エアコンを掃除しないで放置していると、内部でカビが繁殖しやすくなってしまいます。カビは一定の気温の気温と湿度で繁殖しやすく、エアコン内部はこれらの条件が整いやすい環境です。カビが繁殖することにより、エアコンを稼働させた際に胞子が排出され空気中に漂います。このカビの胞子を吸い込むことにより、アレルギーや過敏性肺炎といった健康上のトラブルにつながる恐れがあります。さらに、ホコリが溜まったり、ダニの死骸は排出物などが蓄積されてしまうとハウスダスト等によるアレルギーを発症するケースもあるので、定期的にこれらを取り除くための掃除を行いましょう。エアコンを稼働させた際、風が臭うようになってくると、カビが発生しているサインです。

また、エアコン内部の汚れはエアコン稼働効率が下がることにもつながり、電気代増加や故障の原因にもなります。エアコンは空気を吸い込んで、内部で熱交換を行うことで温度を調節します。しかし、フィルターにホコリが詰まってしまうと本来の運転ができません。より多くの空気を吸い込んで風を吐き出そうとするため、余計な電力を消費します。したがって、フィルターを定期的に掃除し、ホコリ・カビによる目詰まりを解消しましょう。ホコリ・カビを解消すると、空気をより効率的に循環させられ、電気代の節約にもつながります。

今すぐエアコンクリーニングを依頼したい方はこちら

エアコンで掃除が必要な3つの部位

エアコン内部でも特に掃除が必要な部位は3つあります。1つ目はフィルターです。フィルターは空気をエアコンが吸い込む際、空気中の汚れやホコリなどをキャッチして内部に侵入させないための部位となっています。そのため、エアコン内部でも特に汚れが溜まりやすく、掃除を重点的に行わなければなりません。さらに、フィルターを常にきれいな状態で保っていると、エアコン内部にホコリが蓄積しづらくなります。ホコリが蓄積するとカビのエサとなり、カビが繁殖してしまいます。夏や冬など、エアコンの稼働する頻度の高い時期は、フィルターのこまめな掃除を心がけましょう。

そして、2つ目の部位はエアコン内部の熱交換器です。熱交換器はエアコンのカバーを開け、フィルターの下にある金属の板を指します。ここで取り込んだ空気を暖かくしたり、冷たくしたりして室内温度の調節を行います。水が発生する場所でもあるので、汚れやカビが生えやすいところです。エアコン内部のカビを除去するには、この熱交換器を重点的に清掃する必要があります。体に起きるトラブルを防ぐためにも、定期的に清掃を行いましょう。

3つ目は送風ファンです。送風ファンはエアコン内部で温度を調整された空気を外へ送り出すための部位となっています。エアコンを稼働させた際に嫌な臭いを感じるときは、このファンについた汚れが原因であるケースもあります。ファンは冷やされた風も送り出すため、結露が発生しやすい部位です。環境によってはカビが繁殖しやすくなっているので、冷房を稼働させる時期はこまめに清掃を行う必要があります。

フィルターを自分で掃除するための5つのステップ

フィルターを掃除する際は、正しい手順に従って行うことが重要です。間違った手順で行うと、エアコンが故障する原因につながります。まず行うことは、エアコンカバーやフィルターの取り外しです。取り外し方法はエアコンの種類によって異なります。そのため、必ず取扱説明書を確認して、正しい方法で取り外すようにしましょう。無理に外そうとすると、フィルターを取り付けているパーツが破損する恐れがあります。フィルターを取り外したあとは、掃除機で内部のホコリを吸い取っていきます。このとき、フィルターの表側に付着しているホコリから吸い取っていくのがコツです。

フィルターのホコリは主に表側についています。裏側から掃除機で吸い取ると、フィルターで目詰まりを起こし、ホコリが取れにくくなるので注意しましょう。次は、フィルターを風呂場などで水洗いし、掃除機では取りきれない汚れや細かいホコリを除去します。水洗いするときは裏側から行うと、より汚れとホコリが取れやすくなります。さらに、フィルターをブラシでこすると、目詰まりを起こしているホコリを落としやすいです。注意点として、高温のお湯で洗ってしまうと、フィルターが変形する恐れがあります。

最後の工程は乾燥です。フィルターの水気をよく切り、日陰干しやタオルドライ、小さい出力のドライヤーなどで乾かします。フィルターに水気が残ったままでは、ホコリが付着しやすくなるほか、カビが発生する原因にもなるので注意が必要です。完全に乾燥させたあとは、取扱説明書を確認し、正しい方法で取り付けます。問題なくエアコンが動くことを確認して完了です。

エアコンのフィンは掃除棒で奥まで掃除

フィン(熱交換器)を掃除する際は、まずコンセントを抜きます。コンセントを挿したまま掃除を行うと、感電する恐れがあるので注意しましょう。次に、エアコンのカバーを取り外します。機種によってはカバーを取り外すことなく、フィンを掃除できるタイプもあるので、取扱説明書をよく確認することが大切です。カバーを取り外したあとは、掃除棒を使って、吹き出し口の中をしっかり拭きます。中は水分が溜まっている可能性があります。この水分を残しておくとカビが発生する可能性があるので、全て拭き取るようにしましょう。そして、中をきれいに拭き取ったあとは、ある程度乾燥させて完了です。問題なく可動するかどうか、コンセントを挿してチェックしましょう。

また、掃除棒を使う方法以外でも、フィンをきれいにすることができます。エアコン用のクリーナーを使用すると、掃除棒では届かないところや、繁殖したカビなども除去することが可能です。クリーナーの種類によってはカバーを取り、むき出しになったフィンへ直接吹きかけるだけで掃除できるタイプもあります。クリーナーはドレンパンというエアコンの後ろについた排水口から流れていくので、そのまま放置していても問題ありません。心配な場合は、カバーを取り外したあとに周囲を養生すると、洗剤や汚れが飛び散らないようにできます。さらに、クリーナーを使用したあとは、しっかり乾燥させる必要があります。コンセントを抜いたまま、1~2時間程度は乾燥させておきましょう。

エアコン内部はプロにおまかせ

エアコンの一番汚れている部分は、フィルターやフィンよりもさらに奥にあるファンや内壁です。これらの部位はカバーやフィルターを外しただけではきれいに掃除するのは難しくなっています。内部まで掃除を行う際は、エアコンを分解しなければなりません。しかし、分解は素人には難しく、間違った手順で行うともとの状態に戻せない恐れがあります。また、内部にこびりついた汚れやカビをきれいに落とすには、業務用の高圧洗浄機が必要です。高圧洗浄機を使用することで、隅々まできれいにできます。さらに、素人が掃除するよりも長くきれいな状態を維持することが可能です。

また、プロが清掃を行う際は周囲をしっかり養生してもらえます。エアコン清掃によって出てくる内部のホコリや汚れなどが、周囲に飛び散る心配もありません。さらに、プロに依頼すると、エアコンを故障させるリスクも低くなるため安心です。自分で内部まで掃除を行ってしまうと、場合によっては部品が破損することや、基盤に水や薬剤などがかかり故障する恐れがあります。プロであれば、各メーカーのエアコンの特徴を把握しているので、正しい手順で掃除を行ってもらえます。

このような内部洗浄は1年に1~2回程度行うと、きれいな状態を維持可能です。特に、使用頻度の高い夏や冬の前に内部洗浄することで、嫌な臭いを発生させず、エアコン本来の能力発揮させることができます。

今すぐエアコンクリーニングを依頼したい方はこちら

プロのエアコン内部を掃除する方法

プロがエアコンを清掃するときは、まずエアコンの動作や状態を確認します。あらかじめ動作不良や破損している箇所を見つけ、あとからトラブルにならないようチェックしてくれます。次は、エアコンの分解です。カバーやフィルターを外し、内部まで清掃できる状態にします。そして、周囲に汚れや薬剤が飛び散らないよう、養生を行います。エアコンの種類によっては、基盤部分がむき出しになるので、この部分も養生しなければなりません。さらに、水や薬剤を外へ流すための排水用のビニールチューブも取り付けます。

ここまでの準備が完了すると、次は洗浄です。プロの場合は高圧洗浄機でエアコンの内部を洗います。さらに、エアコン専用の洗剤も使用して、内部に付着したカビや汚れもきれいに除去します。このとき使用する洗剤は強アルカリ性のタイプが多く、洗浄力が強いです。薬品としても危険なものなので家庭ではなかなか扱えるものではありません。次は、防カビ剤を使用して、カビ予防を行います。これにより、エアコン内部をきれいな状態に維持することが可能です。そして、これらの洗浄作業が終わったあとは、残った汚れと水分を拭き取り乾燥させます。このとき、清掃後の運転チェックも兼ねて、送風で内部の水分を飛ばします。

最後は、解体したフィルターとカバーの清掃です。これらは掃除機やお風呂場のシャワーなのでホコリを除去し、中性洗剤などでカビも落とします。そして、日陰などで乾燥させて完了です。また、依頼するプランによっては、排水ホースの掃除も行ってくれます。ホース内部に汚れが詰まっていると、エアコンの水漏れの原因となります。水漏れしている場合は、排水ホースの清掃も依頼してみましょう。

今すぐエアコンクリーニングを依頼したい方はこちら

自宅でエアコンをきれいな状態に保つには

自宅のエアコンをきれいな状態に保つためには、日常的なメンテナンスが重要です。まずは、冷房を使ったあとに送風運転を行います。冷房を使用した直後のエアコン内は、通常よりも冷えた状態です。このまま電源を切ってしまうと、外部との気温差により内部のフィンや熱交換器などに結露が発生してしまいます。この結露はカビの原因となるため、湿気の少ない状態に戻す必要があります。そこで、エアコン使用後に送風運転を行うことにより、内部が乾燥されてカビを防ぐことが可能です。30分を目安に送風運転を行ってみましょう。また、送風機能がついていないエアコンの場合は、エアコンの温度設定を約28度に設定して稼働させると、内部を乾燥させることができます。

次は、室内のこまめな換気です。換気をすることで、部屋の中の空気をきれいな状態に保つことができます。エアコンは周辺の空気を吸い込んで、吐き出す空気の温度を調節しています。部屋の空気が汚い状態では、エアコンの内部もきれいな状態を保てません。そのため、部屋を換気し、空気をきれいにしておくとエアコン内部を清潔に保つほか、カビの繁殖も抑制できます。さらに、部屋の中にホコリを溜めないことも大切です。エアコンがホコリを必要以上に吸い込まないよう、部屋の中は定期的に掃除を行い、ホコリを除去する必要があります。

また、使用頻度が多いときは2週間に1度など定期的にフィルターの掃除を行いましょう。フィルターはエアコンが空気を吸い込んだ際、最初に通るパーツです。そのため、夏や冬など稼働する頻度が高い時期は特に汚れが溜まりやすくなっています。汚れやホコリはカビの繁殖にもつながるほか、中にはダニが入り込むケースもあります。定期的に掃除を行い、フィルターを清潔な状態に保つことが、エアコンをきれいに維持するコツです。あまり時間の取れないときは、表面についたホコリを落とすだけでも掃除しておきましょう。

エアコン内部の掃除はプロにお願いしてみよう

エアコンクリーニングの詳細はこちら

エアコン内部の清掃は、高所でのパーツの分解や高圧洗浄機、専用の薬品を使用するなど、素人には難しい作業が多いです。場合によっては、エアコンを破損させてしまう恐れもあります。さらに、本格的な清掃には必要な道具を揃えなければならないほか、時間や手間もかかるため、作業に慣れているプロへ依頼することも大切です。もし、どこに依頼すべきかわからない場合は、ベアーズの利用を検討してみましょう。ベアーズは家事代行サービスの一環として、ハウスクリーニング全般もサービス可能で、エアコンの清掃も請け負っています。

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事

KEYWORD TAG