創エネ・省エネする、エコな住宅を建てるには?エコ住宅のメリットも紹介

4,237 view

エコな住宅と言うと、「地球環境に優しい」というイメージがまず出てくるのではないのでしょうか。
もちろんそれも大切なメリットですが、他にもエコな家のメリットはたくさんあります。
今回はエコな家づくりとはどういうものか、またエコな家をつくるメリットについてまとめてみました。

エネルギーは自分で創る! 創エネする設備について

エコのためには、「創エネ」と「省エネ」が大切と言われています。
創エネとは、名前の通り「エネルギーを創ること」を意味します。
では、家でエネルギーを創るにはどのような手段があるのでしょうか?

創エネの最も代表的な設備が、“太陽光発電”になります。
太陽光発電とは、太陽の光から電力を創る設備のことです。
太陽光パネルが屋根に設置されているのも、よく見る光景になってきましたね。
ちなみに太陽光パネルは太陽光発電設備の一部であり、他の設備と連携し、家庭で使える電力に変換されています。
太陽は無限のエネルギー源なので、エネルギー源が無くなる心配がありません。
また、設置さえしてしまえば太陽光発電システムが勝手に創エネしてくれるので、家主への負担が少ないのもメリットと言えます。
更に、発電した電力が余ったときその電力を売ることができます。(これを売電と言います) 光熱費による家計の負担を減らすだけでなく、プラス収入が得られる可能性もあるのです。冬は日照時間が少なく発電量が減少することもありますが、日照時間の長い夏に売電をし、一年間でバランスをとることができます。太陽光発電とオール電化を組み合わせることで、なんと年間光熱費を100%削減することもできます。

エネルギーをかしこく使うには?

次に、「エコキュート」という給湯器を紹介します。こちらも耳なじみがある方が多いかと思います。
エコキュートとは、使う電気エネルギーに空気中の熱エネルギーを加えることで、約3倍の熱エネルギーを創る給湯器です。
簡単に言えば、従来の給湯器が1の電気エネルギーで1Lのお湯をつくるのに対し、エコキュートでは1の電気エネルギーで3Lのお湯をつくることができます。
これは大気熱を使った、エネルギーを創るシステムです。

エネルギーを節約する! 省エネな家の工夫

光熱費の節約、また地球にやさしい暮らしをするには、創エネだけでなく省エネも大切です。
ここでは、家を建てる際にできる省エネの工夫をまとめてみました。

まずは、照明を使う時間を減らすための工夫です。
もちろん、暗い部屋で生活することは推奨しません。特に目を使った作業をする際には、適切な明るさを保たなければ視力低下を引き起こしかねません。
そのため、十分な明るさを外から取り入れる工夫が必要です。
簡単にできる工夫としては、採光カーテンの活用があります。カーテン専門店からホームセンターまで、様々なところで採光カーテンを購入することができます。
外からの視線を遮ったり、直射日光を防いだりと、カーテンの役割は多岐にわたります。しかし光を完全に遮ってしまっては、得られるメリットよりデメリットの方が大きすぎます。そこで採光カーテンを使用し、カーテンを閉めていても光を最大限に取り込めるようにしましょう。照明の光より、太陽の光を浴びる方が体にも良い効果があります。

そして、光を取り入れるために最も大切なのは、窓の大きさや位置です。
しかし単に窓を大きくすればいいというものではなく、窓が大きければ熱の出入りも多く快適さが失われます。
また部屋の方角や周りの建物の高さなど考慮すべき点はたくさんあります。

そこでオススメするのが、住宅のプロに相談することです。
サンヨーホームズでは全国に展示場を設けており、豊富な家づくりの知識から適切なアドバイスができます。
ウェブから来場予約ができるので、ぜひプロの意見を聞いてみましょう。

窓口をWEB予約する
次に、冷暖房の費用を節約するための工夫です。
冷暖房機の使用は光熱費に直結するので、「30度を超えるまで我慢!」という方もいらっしゃるかと思います。
なるべく冷暖房機を使わなくていいよう、家の中を涼しく保ちたいですよね。
ところで、「家の中に比べて外の方が涼しい!」という経験はないでしょうか?
これは家の中に暑く湿った空気が滞留することで、空気が流れている外より家の中が暑く感じてしまうのです。
その暑く湿った空気を流すため、「空気の通り道」をつくってあげなくてはならないのです。
空気の通り道をつくるためには、家の北と南、東と西など、対極の位置に窓を設置する方法があります。
家の中を空気が通り抜けられるよう、道をつくってあげるのです。
夏のマンションやアパートで、玄関網戸にしている家をよく見かけますよね。
それは左右を部屋で囲まれているため、玄関とベランダ側の窓で空気の通り道をつくっているのです。

さらに、断熱性にすぐれた外壁を用いることも有効です。壁からもジットリとした熱やヒンヤリとした冷気が伝わってきます。
そのため断熱性に優れた壁にすることで、熱と冷気が家の中に伝わってくるのを防ぐことができます。

サンヨーホームズでは外壁だけでなく、開口部や屋根の断熱性にもこだわっています。
その結果、東北北部地方の寒い地域で採用される断熱性能を標準でクリア。
開口部の断熱性を上げる「ハイブリッド高断熱サッシX」のサーモグラフィを見ると、一般サッシとの違いは歴然です。

画像:<サンヨーホームズの住まいづくり P33 サーモグラフィ>

他にも床下断熱、またスイッチやコンセント部分の気密仕様など、家のいたる所まで断熱性を高める工夫ができます。

サンヨーホームズの高断熱設備について詳しく見る

エコな家にすると何がいいの?

エコな家づくりがどんどん進んでいますが、そもそもエコな家のメリットとはなんなのでしょうか?

最も実感しやすい利点は、光熱費の節約です。
工夫次第では毎月の支払をゼロにすることもできるので、家計への負担が大きく減ります。
そして、エネルギーへの関心が高まることも大切なメリットです。
例えば、夏の創エネ数と冬の創エネ数を比べることで、夏と冬の「太陽のエネルギー量」の違いがはっきりと数字で分かります。
また何にどのくらいのエネルギーが使われているかを知ることにより、節約すべき箇所なども見えてきます。お子様などがいらっしゃる場合は、一緒にエネルギーについて勉強することができます。

サンヨーホームズでは「スマE HEMS」という、発電量や電気の使用量などをタブレットで簡単にチェックできるシステムをご用意しています。
サンヨーホームズのウェブサイトでチェック!

スマEってなに?

そして最後に、蓄電池を搭載することにより災害や停電などで電力の供給がストップしてしまった場合にも、蓄電池に貯めていた分の電力を使うことが出来ます。
急に全く電力が使えなくなるのと、電力が使えなくなるまで猶予があるのでは、全く違います。
特に災害が起こった際には残りの電力を使い、これからに備える準備ができます。

エコな家で、地球と家計に優しい暮らしを

創エネ、省エネにより、家計の負担は大きく減少します。
それだけでなく、地球環境の保護にも貢献することができます。
社会全体がエコ活動に取り組む今、無理のない範囲で私たち個人もエコを心掛けたいですね。

ZEH(ゼッチ)住宅という、エネルギーの収支がゼロになる住宅の新基準などもあります。
サンヨーホームズでは「断熱」「省エネ」「創エネ」など仕組みを更にわかりやすく解説した、無料のカタログをプレゼントしています。
ぜひエコな家づくりについて、もっと学んでみましょう。

サンヨーホームズから無料でカタログをゲットする

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事