新しい設計手法

580 view

先日、フリーダムアーキテクツ名古屋スタジオで新しいCADソフトの研修会がありました。
これまでは、CADで図面を描いてからCGソフトでCGを描くというのが一般的な設計の流れでした。そういった方法では図面の不整合が起きやすく、またCGを1から作り上げるのも一苦労です。
そこで、新しいCADソフトの登場です。
何がすごいかと言いますと、図面を描くと同時にCGが描け、さらには斜線制限等の検証もできてしまうのです。
デザインだけでなく、日当たりも大事ですよね?
お任せください。日中どのように光が差し込むかをCGを見ながらその場で検討できてしまいます。
以前、フリーダムな暮らし内の記事でもご紹介していますが、最終的にはVRを用いて建物内部に入り込み、自由に歩き回ることも可能です。
家が建ってから「もっとこうすれば良かった・・・」とならないために、仮想現実でシミュレーションをしておくのです。
もうすぐ着工予定のモデルハウス(愛知県日進市)も実は…

 建設前にVRでシミュレーションしています。
今後開催予定のモデルハウスでの見学会の際には、”実際の建物の見学”と合わせて”VR体験”もしていただけるコンテンツを計画中です。
この機会に、皆さまにぜひ体験していただきたいです。お楽しみに!

それでは、本年もフリーダムアーキテクツ名古屋をよろしくお願いいたします。

◆◆愛知・名古屋で注文住宅を建てるならフリーダムへ相談!
◆◆フリーダム愛知・東海エリアのページを見る

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事