インテリアコーディネートのお話

51 view

2019.7.7(日)

今日は七夕ですね。
もう少しで名古屋も梅雨が明けそうですかね?

建築現場は天候に左右されることが多いので天気予報は常にチェックしております。
※1つではなく、3.4つ天気予報をチェックしたり。。1時間おきの雲の流れも確認したり。。(笑)
現場を進めるためにも、一刻も早く梅雨が明けてほしいものです。

では、さっそく本日のブログの本題に入ります!

今回はインテリアコーディネートのお話をしてみます。

先日クロス選びのポイントブログも更新しておりますが、、

​​

家づくりで間取りが決まると、クロスを含むインテリア・素材の打ち合わせに進んでいきます。
まずはどんなインテリアの方向性でいくかを固めていきます。
イメージの写真やパースを使って、それぞれの家にあったインテリアの主軸を決めていきます。



北欧スタイル、和モダン、インダストリアル、、、
主軸がしっかりと決まっていれば、もし打ち合わせを進める中で方向性がブレたとしても
そこに戻ってくることで、全体のバランスが崩れないコーディネートにすることができます。

インテリアの方向性が決まると、実際に素材や色選びを進めていきます。
壁、床、建具、家具、キッチン、洗面、、、​
カタログ、施工事例を見ながらそれぞれ1つずつ選んでいきます。

そして実際サンプルを取ってみると、、

カタログと全然違う!!!

そんなこともよくあります。(笑)



少しの色の違いが部屋全体のバランスを崩してしまうこともあるのです。
また照明の当たる角度や面積によっても色は変わってきます。

例えばグレーを選ぶにも、「青味がかったグレー」「ベージュ系のグレー」。
同じグレーでも色味のトーンを間違えてしまうとちぐはぐのインテリアになってしまいますね。

フリーダムでは色選びにおいてもお客様任せではなく、設計士がしっかりと先導していきますのでご安心を。

先日、打ち合わせブースからすごく楽しそうな声が聞こえてきました。
「いっせいのーで!!」
その掛け声とともに笑い声が。。

インテリアの打ち合わせで、お施主様ご夫婦と設計士とで多数決をしていたんですよね。(笑)
声を聞いているだけでも本当に楽しそうでした。(笑)

間取りの打ち合わせは図面とのにらめっこが多いですが、
インテリアはサンプルを見たり、ショールームに行くなど、実際に手に取っての打ち合わせになります。
頭以外にも手や体を動かしていくので、打ち合わせも和やかな雰囲気になっていきますね。

1つずつの素材選び。
時間はかかってしまうかもしれませんが、ぜひ一緒に素材までこだわり抜いた家づくりをしましょう。
そして打ち合わせも楽しかったと思っていただけるものにしたいと思います。

今日はこのあたりで。
またいろんな素材の豆知識も話していきたいと思います。

カテゴリー:

あなたにおすすめ

新着記事

おすすめ記事