「エアコンからカビの臭いがする!」掃除方法やきれいに保つコツは?

207 view

エアコンは、定期的な手入れをしていないといつの間にかひどい汚れが溜まっていたり、カビが生えていたりするものです。
夏冬にいざ使おうとしてスイッチを入れたら、カビの臭いがしてくることも多いでしょう。
ここでは、カビの臭いの原因や、その臭いをすぐに取る方法を紹介します。
また、エアコンは定期的な清掃が大事ですが、それが難しい場合に利用できる業者についても解説しましょう。

エアコンからカビの臭いがする原因とは?

まずはエアコンをしばらく掃除していないと、エアコンの中に入り込んで溜まったホコリの掃除が必要です。
では、そのホコリはどこからどうやって取り込まれるのでしょうか。
エアコンは、室内の空気を機内に取り込んで、それを冷やしたり温めたりして機外に冷風・温風として送り出すという仕組みになっています。
そして、エアコンが室内の空気を取り込む際に、空気と一緒に少しずつホコリも吸い込んでいるのです。
エアコン内部では空気を冷やすときに水分が発生したり、温めるときに結露が発生したりしています。

そのためエアコンの中は湿度が高く、カビが発生しやすい環境となっているのです。
そして、そうして発生したカビは、エアコン内部に溜まったホコリをエサとして増殖しています。
そのため、定期的な手入れをせずにエアコン内部にホコリが溜まり続けていると、よりカビが繁殖しやすくなってしまうのです。

気温や湿度が高くなってくる時期になると、カビの増殖はさらに激しくなります。
エアコンを付けたときのカビの臭いが冬より夏のほうが強いのはそのためです。
こうした状況が続き、さらには室外機も同様に雨風にさらされ、掃除されていない状態では内部にホコリが蓄積れると、エアコン本体の機能が低下し、正常な状態よりも多くの電気代がかかるようになります。
さらに、そこに住んでいる人の健康にもさまざまな悪影響が出るので注意が必要です。

エアコン内部に発生したカビからは、胞子が撒き散らされます。
この胞子はエアコンから送り出される風に乗って部屋に拡散されてしまうのです。
特に、家庭内に免疫力の低い小さな子供や高齢者がいる場合は、この胞子によって健康に大きな悪影響が出る場合もあるので注意しましょう。
夏場にエアコンを使い始めてから、鼻水やくしゃみ、咳などの症状が出る場合は、時期的に夏風邪だと思ってしまうことも多いですが、実際にはエアコンのカビが原因だったというケースも少なくありません。

また、元から花粉症などのアレルギーを持っている人の症状が、エアコンのカビによってさらに悪化するケースもあるので注意が必要です。
こうしたことがないように、エアコンの掃除は定期的に実施しておく必要があります。自分での掃除が困難な場合は、ハウスクリーニングに頼むのもいいでしょう。

エアコンのカビの臭いに対する応急処置

エアコン内部にカビが溜まっている状態だと、エアコンのスイッチを入れたときに一気に中のカビの胞子が室内に撒き散らされてしまいます。
そのため、応急処置として、運転開始直後の10分程度は室内の窓を開け、エアコンから送り出される空気と胞子を室外に逃がすようにしましょう。
こうすることで、室内に臭いがこもりにくくなります。また、いったん高温で1時間以上の送風運転をするのも有効です。
カビは乾燥が苦手なので、高温での運転をすることでエアコン内部を乾燥させ、中のカビを死滅させることができます。

また、冷房にしたときにカビの臭いがした場合は、温度を27℃以下の低温に設定してみましょう。臭い成分は温度が低い状態だと空気中に拡散しにくくなります。
そのため、低温設定にしておくことでカビの臭いを抑えることができるのです。
ほかには、市販のカビ防止スプレーを使う方法もあります。スプレーをするだけで簡単にカビの臭いを抑えてくれるので、応急処置としては十分でしょう。
しかし、これらの方法はあくまで応急処置であり、その効果は一時的なものでしかありません。
臭いの原因であるカビを根本的に駆除するには、エアコン内部の本格的な掃除が必要です。

根本的にカビの臭いを解決するためには、まずフィルターや冷却フィン、ファンの掃除が基本です。
大掛かりな分解をしなくても、よほどカビの繁殖がひどい状態でなければ各部の掃除だけで臭いが解決するでしょう。
掃除については、市販のエアコン洗浄スプレーやカビ除去剤を用いれば簡単にできますので、大事にならないように定期的に掃除をしておくのがいいでしょう。
自分でエアコンを掃除しても臭いが解消されない場合は、フィルターの掃除だけで足りないくらい、エアコンの内部にまでカビの繁殖が進んでいる可能性があります。
そうした場合は、本格的な分解清掃が必要です。もちろん、素人が下手に分解しようとすると取り返しのつかないことになってしまうので、必ず業者に依頼するようにしましょう。

エアコンの掃除をするときの事前準備

エアコン掃除の事前準備としては、まず踏み台を準備しましょう。
エアコンはそのままでは手の届かないような高い位置に設置されていることがほとんどなので、踏み台は必須アイテムです。
もちろん、安全に作業するためにはグラグラせずしっかりと安定したものを用意する必要があります。
作業前に実際に使ってみて、安定性をしっかりと確認しておきましょう。また、安全確保のために周囲から危険なものはどかしておくのも大切です。
スプレーや洗浄液が周囲に飛び散っても大丈夫なように、周りの養生も忘れずにやっておいてください。
また、作業に際してはエアコンのスイッチを切っておくだけでなく、コンセントも必ず抜いておきましょう。
コンセントを差したままだと感電や漏電といった重大な事故につながる危険性があります。当然、場合によっては命にかかわることになるので、コンセントを外しているかどうかは作業前に必ずチェックするようにしましょう。
周囲の安全確保や汚れの拡散防止のためには、養生シートや養生テープがあると便利です。エアコンの掃除中には、ホコリや汚れが落ちたり水が垂れたりすることがあるので、下に古新聞やシートを敷いておいたり、エアコンにバイクカバーを取り付けておいたりするといいでしょう。
掃除が終わったときに水を入れたスプレーで洗剤を洗い流したりもするので、周囲を保護するのはとても大切です。
掃除道具については、ブラシや洗剤が必要です。ブラシについては、細かいところまで掃除できるような棒状の先にブラシが付いているタイプを用意しましょう。
なければ、古歯ブラシなどでも構いません。洗剤については、中性洗剤やエアコン掃除用の洗剤を使いましょう。
フィン部分はアルミ製なので、必ず中性洗剤で掃除するようにしてください。
また、ベンジン、アルコール、シンナーなどは、部品の素材を傷めたり溶かしてしまったりする危険性があるので使ってはいけません。

エアコンのカビの臭いをとるための掃除方法

最初に、目立つ部分のホコリやゴミはあらかじめ取り除きましょう。これをやらずにいきなり掃除を始めると、大量のゴミやホコリを撒き散らすことになってしまいます。
事前に除去できる分はきれいにしておいてください。前面だけでなく、側面や上面といった直接手が届きにくい部分のホコリも取り除く必要があるので、ロングタイプの曲がるモップがあると便利です。
それが終わったら、フィルターを掃除します。フィルターはエアコン内部へのホコリの侵入を防ぐためのものなので、定期的な手入れをしていないとホコリまみれになっているでしょう。
そのため、まずフィルターを付けたままの状態で、掃除機を使って表面のホコリを吸い取ります。それからフィルターを取り外し、同じように掃除機でホコリを吸い取ってください。
この際には、フィルターの外側から掃除機をかけるようにしましょう。
内側からだとホコリが目詰まりしやすいからです。ホコリの大部分が吸い取れたら、今度は水洗いをしましょう。
今度は逆に、内側から洗うとホコリが取れやすくなります。また、汚れが落ちにくいときは、ブラシや中性洗剤を使ってください。
水洗いの後は陰干しでしっかり乾燥させましょう。水気が残っていると、せっかく掃除したのに湿気のせいでまたカビが生えてしまいます。
フィルターの掃除が終わったら、次はフィンやファンの部分を掃除します。取り外せる場合は取り外して掃除しますが、エアコンの種類によってはこれらの部分は取り外せないこともあります。
その場合は、周囲をしっかりと養生したうえで専用の洗浄液などを用いて汚れを落としましょう。
フィンの場合は、専用の洗浄液を5cmほど離して吹きかけ、しっかり乾燥させてください。ファンの場合は、同じように周囲を養生して、洗浄スプレーを吹きかけます。
そして、30分程度放置した後専用のリンスですすいでください。そして、水分をしっかり拭き取ってからよく乾燥させましょう。

エアコンをきれいな状態で保つコツ

エアコンをきれいな状態で保つには、まずホコリが入らないようにすることが大切です。
エアコンは設置場所の状態にもよりますが、運転していない時期であってもホコリが溜まっていきます。
そのため、春や秋などのエアコンを使わない時期にはエアコンにカバーをしておけば、ホコリの侵入を防ぐことができるのです。
また、空気の出し入れ口であるエアコンの送風口に取り付けて、カビの発生を抑制してくれるグッズを使うのも有効でしょう。
これは、小さなケースをエアコンの送風口に取り付けるというもので、バイオの力でカビの発生を抑制し、臭いも抑えてくれるというものです。
効果は3カ月程度なので、定期的に交換していけばカビの発生を長期間にわたって抑制できるでしょう。
また、根本的な解決法として、エアコン自体を買い替えてしまうという手段もあります。内閣府の行った2017年の「消費者動向調査」によれば、エアコンの寿命は平均して13.6年となっています。
そのため、自宅のエアコンが古いものなら、ひと思いに買い替えるのも有効です。
最新型のエアコンには、わざわざ自力で掃除しなくても運転終了後に内部を乾燥させてくれる乾燥運転機能や、カビの発生を抑えてくれるカビ発生抑制機能がついたモデルがあります。
また、消費電力も新しい機種のほうが少なくて済むことが多いです。そのため、古いエアコンを無理して使い続けるよりは、新しいモデルに買い替えたほうが将来的には余計な出費を抑えることができるのです。
買い替える際には、エアコン本体の価格や消費電力だけでなく、ホコリやカビに対する機能が活用できるかどうかも選ぶ際のポイントとするといいでしょう。

エアコンの掃除の頻度はどれくらい?

エアコンの掃除は、月に1回程度の目安で行うのが理想的です。
フィルターを外して水洗いするだけでも、何もせずに放置している状態に比べれば、エアコンの状態は段違いに清潔に保てます。
しかし、フィルターの掃除はなかなか難しいものです。1カ月に1回のペースが難しい場合は、季節の変わり目を狙って掃除しておきましょう。
3カ月に1回程度の頻度でも、まったく掃除しないよりはいいはずです。
もっとハイペースでこまめに掃除するのが苦ではないという場合には、1~2週間に1回の頻度で、フィルターに溜まったホコリを掃除機で吸い取ると効果的でしょう。
やる前までは面倒な気持ちになりますが、いざやってみればそれほど時間はかからないものです。
しかし、仕事や育児で忙しい人には、こうした定期的なエアコンの掃除も難しいでしょう。
それに、長年掃除していなかったエアコンを本格的に掃除しようとすると、なかなか難しいですし時間もかかります。
そうしたときに便利なのがハウスクリーニングです。プロのクリーニング業者であれば、フィルターなどの掃除はもちろんのこと、専門知識がなければ難しい分解清掃まできちんとやってくれるので、エアコンの隅々までしっかりきれいにしてくれるでしょう。

定期的な掃除でエアコンのカビの臭いを防ごう!

エアコンからのカビの臭いは、エアコン内部に入り込んだホコリをエサにしてカビが増殖することが原因です。
そのため、カビ臭を防ぐためにはエアコンの定期的な掃除が欠かせません。自力での掃除が困難な場合には、ハウスクリーニング業者に依頼するのがいいでしょう。
フリーダムな暮らしがおすすめするのは、「家事代行のベアーズ」。
プロの手による本格的な清掃で、エアコンのカビ臭を予防しましょう。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事