注文住宅の「二世帯住宅」特集

カテゴリー:注文住宅

複数の家庭が同居する二世帯住宅にはさまざまなメリットがありますが、間取りに悩む人も多いでしょう。住宅を建てる際には、両世帯のライフスタイルやちょうど良いと感じる距離感などを把握することが大切です。

今回は、二世帯住宅の種類や建築実例、注意点などを紹介します。家族全員が快適に暮らせる二世帯住宅を建てるために、ぜひ参考にしてください。

二世帯住宅とは

二世帯住宅とは、親の世帯と子どもの世帯が、1つ屋根の下で一緒に暮らすことを前提とした住宅です。浴室やキッチンなど設備をすべて共用する間取りや、プライバシーに配慮して世帯ごとの玄関や設備を作り、生活空間を分ける間取りがあります。

注文住宅と「二世帯住宅」

二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅の最大のメリットは、家事や育児を協力し合える点です。共働きの世帯では、同居している祖父母のサポートを受けやすく、安心感が得られます。費用面では、住宅の建築費や設備費用が安く済むケースが多いでしょう。また、将来的に一世帯で住む際にも、完全同居型であればリフォーム不要で住み続けられます。

二世帯住宅のデメリットとしては、世代が異なるなどの理由から生活にストレスを感じる可能性があることです。生活習慣や価値観などの違いが原因で、揉め事に発展する場合も考えられます。世帯ごとにプライバシーを確保できるスペースや、生活に関するルールを作る必要があるでしょう。

理想的な二世帯住宅を建てるためのポイント

世帯によって、ちょうどいい距離感に違いがあります。同居する家族全員が快適に生活するために、どこまで交流しやすくするか、プライバシーを確保するか、しっかりと話し合っておく必要があります。

家族全員が本音で話し合う時間を作り、それぞれの要望をヒアリングしましょう。世帯ごとにまとめた意見を持ち寄り、擦り合わせを行い、プライバシーや交流におけるバランスを見つけられます。

「二世帯住宅」の種類・特徴

二世帯住宅の種類

二世帯住宅には、「完全同居」「一部共有」「完全分離」の3つの種類に分かれます。各タイプの特徴について詳しく解説します。

完全同居

完全同居型は、キッチンや浴室、玄関、リビングなどの設備を、親世帯と子世帯で共有する間取りの二世帯住宅です。

多くの時間を同じ空間で共有し、日常的にコミュニケーションが取りやすく、お互いの異変にも気づきやすいでしょう。また、共用エリアが多い分、寝室や個室のスペースを十分に確保できます。

一部共有

一部共有型は、玄関やキッチンなど、一部の設備は共有し、浴室やトイレなどは世帯ごとに分けるタイプの二世帯住宅です。

各世帯が独立しており、ほど良い距離感やプライバシーを保てます。また、共用部分が多く、コストを抑えやすい点もメリットです。1階を親世帯、2階を子世帯が使うケースが多く見られます。

完全分離

完全分離型は、玄関・リビング・キッチンなどの設備を独立させ、親世帯と子世帯の生活空間を完全に分離した二世帯住宅です。

同居しながらも、お互いのライフスタイルやプライバシーに干渉しすぎずに生活ができます。生活時間帯が合わない場合にも取り入れやすく、何かあった時にはすぐに助けを求められる適度な距離感もメリットです。

二世帯住宅の予算相場・価格・費用

二世帯住宅は、一般的な戸建て住宅に比べて広さや設備が必要なため、コストは割高です。ただ、種類によって予算相場は変わります。

基本的には、キッチンや浴室などの設備を共有できる完全同居型が最も費用がかからず、一部共用型、完全分離型の順に費用が上がる傾向にあります。各タイプの建築費用の相場は下記の通りです。

・ 完全同居型:坪単価65万〜100万円ほど
・ 一部共用型:坪単価80万〜130万円ほど
・ 完全分離型:坪単価85万〜150万円ほど

一部共有型では、どこまで共有するかで費用が変わります。また、完全分離型は2軒分の設備や建具を使用するため、比較的高額です。

「二世帯住宅」で人気の建築実例

CASE695 MEGAPHONE-HOUSE(メガホンハウス)

外向きの開口は最小限ながら、中庭に面した大きな窓や2階のテラス・バルコニーが明るさをもたらします。重厚感のある1階と開放的な吹き抜けの2階、趣の異なるフロア設計が印象的です。

CASE 695
MEGAPHONE-HOUSE(メガホンハウス)

公園に向かって視界が開けるメガホンハウス

CASE635 三角屋根でつながる家

世帯ごとの棟を並列にした完全分離型の二世帯住宅は、生活音や時間帯が気になりにくい造りです。気軽にコミュニケーションができる共有の物干場など、家族の繋がりも大切にしています。

CASE 635
三角屋根でつながる家

ご家族が行き交う豊かな暮らし

CASE663 シークエンス

中庭を中心として設計された完全同居型です。光がたっぷり入る大きな開口により、屋内は明るい空間が広がります。共有空間が多く、LDKも十分なスペースを確保しており、家族をより身近に感じられるでしょう。

CASE 663
シークエンス

シークエンスな空間が家族を包む家

2022年最新版 注文住宅ランキング

フリーダムアーキテクツの建築実例から、閲覧数の多いトップランキング10の実例もご紹介していますので、ぜひこちらもご参照ください。

2022年最新版 注文住宅ランキング

「二世帯住宅」検討時の注意点

二世帯住宅を検討する際には、いくつか注意すべきポイントがあります。誰かの思い込みで決めず、同居する家族全員の意見を聞いた上で間取りを考えましょう。建てた後でトラブルに発展しないよう、間取りや共通ルールなどを両世帯でよく話し合い、納得した上で進める必要があります。

また、費用に関しても事前に相談が必要です。曖昧なまま暮らし始めると、使用量と支払いのバランスが取れていないなどで揉め事に発展する可能性があります。建築費用や光熱費、日用品の費用などをどちらの世帯が負担するのか、何割や何%など具体的な数字で決めておきましょう。

将来、親世帯がいなくなったときの部屋の使い道も要検討です。子世代だけで使う際の改築しやすさを検討すると同時に、親世代の介助や施設入居の可能性を見越しておくと良いでしょう。

おしゃれな空間にするコツ

二世帯住宅は、実際に生活する上での実用性も大切ですが、おしゃれな家にしたい人も多く見られます。

例えば、完全分離型の間取りで、大きな窓ガラスに囲まれた中庭を設けるだけで、親世帯が孫の遊ぶ様子が見られ、おしゃれな空間ができあがります。また、親世帯と子世帯で一緒にガーデニングができるスペースによりコミュニケーションが増え、賑やかな空間が生まれます。

広いリビングを区切るガラス壁を設置すれば、同居ならではの一体感を残しつつも、緩やかに空間を分けられます。このように、二世帯住宅でも暮らす人の好みやテイストに合わせたおしゃれな家を実現可能です。

間取り・レイアウト例

二世帯住宅で最も人気があるのは、完全分離型の間取りです。玄関やキッチン、トイレ、浴室などが世帯ごとに独立している完全分離型は、プライバシーが守られやすく、生活スタイルの違いによるストレスも感じにくいでしょう。また、将来賃貸としても貸し出しやすい点もメリットです。

一部共用型でも玄関のみを共有し、屋内の水回りを分ける間取りは、完全分離に近い暮らしが実現できます。完全同居型は、共有部以外の個別の部屋や寝室用のスペースを確保しやすい間取りです。共有設備の使い方や決まりを設けて、お互いが快適に生活できる環境を実現しましょう。

注文住宅の二世帯住宅についてフリーダムアーキテクツにご相談ください

二世帯住宅を建てる際には、家族全員の声を聞いて進める必要があります。ただ、なかなか意見がまとまらない場合も少なくありません。そんなときは、さまざまな二世帯住宅を手がけてきた注文住宅のプロに相談しましょう。

二世帯住宅の実績豊富な建築設計事務所では、間取りやお金などあらゆるお悩みを相談できます。両世帯の要望を取り入れつつ、土地や条件に合わせて最適な住宅プランを提案してもらえるでしょう。

注文住宅の二世帯についてのお悩みがございましたら、フリーダムアーキテクツが解決いたします。

✓ 間取り・レイアウトのこと
✓ お金・予算のこと
✓ 優先順位のこと
✓ 他の家族との意見のズレのこと
✓ スペースや土地のこと

注文住宅の二世帯住宅についてのよくある質問

二世帯住宅にかかる費用の負担割合はどうする?

二世帯住宅では、費用を半分ずつ負担する世帯が多く見られます。どちらかの世帯が多く払うと、偏りからお金を出した方の意見が通りやすい状況が生まれるなど、後に揉め事の原因になりかねません。

光熱費の支払いでは、メーターを2つ用意して世帯ごとの使用量を計測し、使用分の費用を負担するケースも多い傾向にあります。1つだけ設置する場合は、お互いのライフスタイルを把握し負担割合をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

二世帯住宅で決めておくべき生活のルールは?

二世帯住宅では、お互いの生活に踏み込み過ぎない適度な距離感が重要です。お互いのプライバシーを尊重し、快適な生活を実現するために、各世帯のライフスタイルや要望を盛り込んだルールを話し合っておきましょう。

例えば、世帯ごとに活動時間帯が異なる場合、水回りの設備を上下階で揃えると、生活音が響きにくいでしょう。また、家事分担や共有スペースで使う消耗品の費用負担などについても、最初に決めておくと後のトラブルを避けられます。

リニューアル

無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。資料請求いただいた皆様に、無料でお届けします。

無料住宅作品集の取り寄せ

注文住宅・デザイナーズハウス
の建築実例を探す

全国で年間約400棟の注文住宅を
設計しているからこそ、事例も豊富

注文住宅・デザイナーズハウスの建築実例を探す

この記事を書いた人

長谷川 稔

FREEDOM ARCHITECTS
長谷川 稔

1971年生まれの関西出身者。情報出版会社を経て2014年よりFREEDOM株式会社へJoin。現在プロモーション担当としてフリーダムの魅力を伝えています。

住宅作品集の取り寄せや、
各種ご相談はすべて
無料で受け付けています。

フリーダムでは、約40例の写真・間取り・価格などをご紹介した
住宅作品集を無料でお届けしています。
また、セミナー・見学会のご参加から各種お問い合わせも、無料でご相談いただけます。

お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集

LINE公式アカウント

LINE登録で全員にプレゼント

建築実例やイベント情報を配信中!ご登録頂くとノウハウ WEBカタログや、また来場時に家づくり3点セットを差し上げます。

家づくり3点セット
住宅作品集の取り寄せや、各種ご相談を随時受け付けています。
  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. フリーダムマガジン
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア