注文住宅の「店舗併用住宅」特集

カテゴリー:注文住宅

カフェやサロンなど、小規模なお店を持ちたいと考える人は多いです。こんな場合に、選択肢の一つとなるのが、同じ建物のなかに店舗と住居がある「店舗併用住宅」の建築です。

店舗併用住宅は、店舗と住宅を別に持つ場合と比べ、さまざまなメリットがあります。今回は、建築実例も紹介しながら、メリットやデメリット・注意点を紹介します。

店舗併用住宅とは

店舗併用住宅とは、一つの建物のなかに、事業用のスペースと居住スペースのある住宅のことです。実際に店舗併用住宅を持っている人は、事業用スペースを飲食店や美容サロン、事務所などさまざまなビジネスに活用しています。

住宅ローンを組む際は注意が必要で、事業用スペースの取得費に対しては融資を受けられないことがあります。その場合は、別途事業用ローンの借り入れが必要です。

注文住宅と「店舗併用住宅」

店舗併用住宅は、オーナーや利用者の考える「使い勝手の良さ」が店によって大きく異なります。

さらに、小規模な店舗であれば、広めの建売住宅を購入してリフォームすることもできますが、店舗で利用する電気の配線や水道の配管工事が別途必要なことも多いため、工事費が高くなりやすいです。

こうした事情から、店舗併用住宅はオーダーメイドが可能な注文住宅での建築が適しています。

店舗のみ・住宅のみを建てるときと違い、店舗併用住宅では「店舗用と住宅用のスペースをどう分けるか」「設備は別途用意するのか」が重要なポイントとなります。

駐車場や水回りなどは共用でよいのかなど、利用者の利便性も考慮しつつ入念に打ち合わせを行い、設計者とイメージを共有しましょう。

「店舗併用住宅」の特徴

店舗併用住宅の特徴を紹介します。建築を決める前に抑えておきたいメリットとデメリットを見てみましょう。

店舗併用住宅のメリット

店舗併用住宅では、店舗が自宅の一画となるため、持ち主は自分です。賃貸契約の更新拒否やテナントの工事など、オーナー側の事情による運営への影響はないため、賃貸の場合と比べると安心です。

コストパフォーマンスが高いのも嬉しいポイントです。建築にお金のかかる基礎などの構造部や屋根を住居と共有するため、店舗を別に持つ場合と比べると、建築コストが安く済みます。

通勤時間が削減できるため、仕事とプライベートも両立しやすくなります。

店舗併用住宅のデメリット

店舗併用住宅の立地を考える際、集客を意識してエリアを選ぶ必要があります。土地のコストが高めになる、住みやすさと両立しにくい場合があるという点は注意が必要です。

また、店舗分の設備やインフラを別で確保するため、一般的な住宅と比較すると建築費用は高くなりやすいです。飲食店など、火を使うお店を開く場合、火災保険料も高めですので、この点も留意しておきましょう。

売却時も、買い手がつきづらい傾向にあります。

店舗併用住宅の予算相場・価格・費用

建築を依頼する先やご要望により様々にはなりますが、店舗併用住宅の建築予算は、おおむね50坪で3,000万円程度となります。駐車場が必要であればその分広い敷地が必要となりますので、土地の取得費が高めになります。

店舗併用住宅の場合、毎月の支出の一部を経費にできます。たとえば、水道代や光熱費、通信費などは、住宅用と事業用に分けて、確定申告の際に計上できます。

そのほか、ローンの利息や建物の減価償却費、固定資産税も経費として計上できます。

「店舗併用住宅」で人気の建築実例

CASE427 CASA VINO

住宅街の一角のこちらの住宅は、1階がワインショップ、2階が住居の店舗併用住宅です。細い通路を進んだ先では、ご夫婦自慢のワインたちが出迎えてくれます。通にはたまらない隠れ家となっています。

CASE 427
CASA VINO

愛犬・愛猫と暮らす職住一体型の住まい

CASE623 HOUSest-Life+Cafe

こちらは木造のアパートメントとなっており、3戸は異なる内装の住居で、1戸はオーナー様が運営するカフェとなっています。すっきりと洗練されつつも温かにデザインされた空間に仕上がりました。

CASE 623
HOUSest-Life+Cafe

土地形状を活かし多様な生活を包み込む

CASE488 都市型コンパクト住宅

こちらは3階建ての店舗併用住宅です。1階はコーヒー豆のショップ兼焙煎所で、2階・3階が居住スペースとなっています。狭小住宅ながら、動線を工夫することで広く使えるようになっており、店舗でも住居でも快適に過ごすことができます。

CASE 488
都市型コンパクト住宅

コーヒー豆SHOPと居住空間を兼ねた家

2022年最新版 注文住宅ランキング

フリーダムアーキテクツの建築実例から、閲覧数の多いトップランキング10の実例もご紹介していますので、ぜひこちらもご参照ください。

2022年最新版 注文住宅ランキング

「店舗併用住宅」検討時の注意点

エリアによっては、建築基準法によって「用途地域」が定められ、土地に建てられる建物の種類が決まっていることがあります。

例えば、住居系用途地域の一つ「第一種低層住居専用地域」に指定されているエリアは、店舗や事務所の建築はできません。このように、住居であれば問題ないケースでも、店舗併用住宅は建築許可が降りないこともあるため注意してください。

そのほか、店舗の建築自体は可能でも、業種や面積に制限が設けられている用途地域も存在します。自分でも土地探しをしたい場合、あらかじめ用途地域別の制限事項を確認しておくと安心です。

おしゃれな空間にするコツ

店舗は自分だけでなく利用者も出入りします。とくに、サロンやカフェはお店のセンスを求められるため、外観や内装デザインにもこだわりたいところですね。

居心地の良い店舗を作るためには、内装に統一感を持たせることが重要です。色合いや素材のテイストを合わせることで、洗練された印象に繋がります。内装をどのようにするかは、ターゲットとする利用者層から考えると方針が定まりやすくなりますよ。

間取り・レイアウト例

店舗併用住宅では、より入りやすい店にするため、店舗部分は1階にするのがおすすめです。また、外から店内が見えるようにレイアウトすると、通行人に興味を持ってもらいやすく、どのような店なのかアピールできます。

店舗の利用者や従業員が気兼ねなく使えるよう、トイレなど、水回りの設備は住宅とは別で用意できれば望ましいです。また、ベビーカーや車いす、歩行が困難な人が入店しやすいようバリアフリー設計にすると、客層を広げられます。

注文住宅の店舗併用住宅についてフリーダムアーキテクツにご相談ください

店舗併用住宅の建築では、集客のしやすさや、各種法令をクリアできる土地を探すことが第一条件となります。

フリーダムアーキテクツは「こんな店にしたい」から逆算して土地を探せることが強みです。土地探しから無料でサポートしますので、ゼロから店舗併用住宅を建てるときもご相談ください。

当社では、一般公開されていない非公開土地情報を探せる土地探しツール「ランディ」を保有しています。ご相談者様には無料でアカウントを発行しており、自宅から気軽に土地をピックアップできますよ。

注文住宅での店舗併用住宅の建築でお悩みがございましたら、フリーダムアーキテクツが解決いたします。お気軽にお声かけください。

✓ 間取り・レイアウトのこと
✓ お金・予算のこと
✓ 優先順位のこと
✓ 他の家族との意見のズレのこと
✓ スペースや土地のこと

注文住宅の店舗併用住宅についてのよくある質問

店舗併用住宅の建築をご相談いただいたお客様からの、よくある質問を紹介します。

店舗併用住宅に適した立地条件は?

住宅と併用するとはいえ、通常の店舗物件と同じように、ターゲットに応じた集客力の高い立地を選ぶ必要があります。

飲食店を例にしてみましょう。通勤通学の帰宅者をターゲットにした飲食店やバーなら、駅周辺が相応しいです。反対に、隠れ家的な店舗にするのであれば駅近辺である必要はありませんが、駐車場が必要となります。広い敷地が見つからないのであれば、近所の月極駐車場を確保することも選択肢の一つです。

店舗併用住宅に関するトラブルは?

店舗運営では、しばしば近隣トラブルが発生し、これは店舗併用住宅でも同じです。

店舗から出る音や臭いで近隣住人から苦情が来る、利用者が近隣店舗に無断駐車するなどが代表的なトラブルです。

利用者に呼び掛けてマナーを守ってもらうほか、防音や防臭、駐車場整備などは設計者に相談することもできます。建築段階で対策を講じておくと安心です。

リニューアル

無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。資料請求いただいた皆様に、無料でお届けします。

無料住宅作品集の取り寄せ

注文住宅・デザイナーズハウス
の建築実例を探す

全国で年間約400棟の注文住宅を
設計しているからこそ、事例も豊富

注文住宅・デザイナーズハウスの建築実例を探す

この記事を書いた人

長谷川 稔

FREEDOM ARCHITECTS
長谷川 稔

1971年生まれの関西出身者。情報出版会社を経て2014年よりFREEDOM株式会社へJoin。現在プロモーション担当としてフリーダムの魅力を伝えています。

住宅作品集の取り寄せや、
各種ご相談はすべて
無料で受け付けています。

フリーダムでは、約40例の写真・間取り・価格などをご紹介した
住宅作品集を無料でお届けしています。
また、セミナー・見学会のご参加から各種お問い合わせも、無料でご相談いただけます。

お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集

LINE公式アカウント

LINE登録で全員にプレゼント

建築実例やイベント情報を配信中!ご登録頂くとノウハウ WEBカタログや、また来場時に家づくり3点セットを差し上げます。

家づくり3点セット
住宅作品集の取り寄せや、各種ご相談を随時受け付けています。
  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. フリーダムマガジン
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア