注文住宅の「RC住宅」特集

カテゴリー:注文住宅

RC住宅の注文住宅が気になっているけれど、「RC住宅は寒い」など気になる点も多いのではないでしょうか。この記事ではRC住宅の特徴やメリット・デメリットだけでなく、費用相場や建てる際に気をつけたいこと、人気の建築実例などを紹介します。

注文住宅で建てる「RC住宅」の特徴

RC住宅とは

RC住宅(鉄筋コンクリート造)とは、鉄筋構造とコンクリート構造を組み合わせた構造の住宅です。鉄筋の型枠にコンクリートを流したもので、鉄筋とコンクリートそれぞれの短所を補い強度を高めているのが特徴。

RC工法は耐震性・耐火性に優れているので、地震や台風が多い日本では多くの建造物に採用されています。最近では一戸建てにも採用されている構造ですが、一般的には大規模マンションなどで取り入れられていた工法でした。

RC住宅のメリット

RC住宅のメリットは、耐震性・耐火性に優れていることです。RC造は大規模マンションなどに採用されていることからも分かるように、強い家をつくることができます。RC造は建築基準法で耐火建築物と認められている構造です。

また、コンクリートを流し込み壁や床などをつくる工法なので、防音性に優れているのも特徴です。さらに法定耐用年数が47年と長く設定されています。木造の22年や鉄骨造の34年と比較すれば、どれだけ耐用年数が長いかわかります。

このようにRC造は構造自体が強いので、余計な柱を入れるなどして補強する必要がありません。そのため、デザインの自由度が高いこともメリットです。

RC住宅のデメリット

RC住宅のデメリットは、建設費用が高くなることです。木造住宅などに比べて坪単価が高い傾向にあります。

またRC造は木造や鉄骨造に比べて、重量があることでデメリットになる場合があります。木造住宅でも地盤改良工事が必要になるケースはありますが、重量のあるRC住宅は地盤沈下の可能性も高く、費用が高額になることがあります。

予算相場・価格・費用

RC住宅の価格は木造や鉄骨造に比べ高く、坪単価の目安は100万円からとなります。

木造のローコスト住宅だと、40〜50万円ほどが坪単価の相場です。坪単価だけで見るとRC住宅は高い印象はあります。しかし、耐用年数や耐火性・耐震性などの観点から考えると一概に高いとはいえないのではないでしょうか。

「RC住宅」で人気の建築実例

CASE606 CEDAR BOX

外観は打放しコンクリートで、存在感のあるRC住宅です。LDKの壁と天井の一部に木を使用することで暖かみを演出しています。ルーフバルコニーには、アウトドアキッチンと露天風呂が設置されていて、家の中でキャンプ気分を味わえそうです。

CASE 606
CEDAR BOX

都心の夜景を堪能する、少し大人の空間

CASE301 ガレージハウス

車3台とバイクを格納できるガレージが、ひと際目を引くRC住宅です。広々としたリビングの窓からガレージ全体が見渡せるので、趣味である愛車を眺めながら生活できます。

CASE 301
ガレージハウス

車3台+バイクを納めるガレージハウス

CASE455 N邸(社長の邸宅)

重厚な壁を設置することでプライバシーを確保しています。室内には広々とした中庭と高い天井で、圧倒的な開放感を演出しています。広い屋上テラスはバリ島のヴィラがイメージされ、海外のホテルに滞在しているような気分を味わえるつくりです。

CASE 455
N邸(社長の邸宅)

圧倒的なスケールを内包するオリエンタルな邸宅

2022年最新版 注文住宅ランキング

フリーダムアーキテクツの建築実例から、閲覧数の多いトップランキング10の実例もご紹介していますので、ぜひこちらもご参照ください。

2022年最新版 注文住宅ランキング

「RC住宅」検討時の注意点

鉄筋とコンクリートを組み合わせるRC住宅は、木造住宅・鉄骨住宅と比べて重たいのが特徴です。そのため立地の条件によっては地盤補強が必要になり、工事費が高額になるケースがあります。

また、RC住宅は木造よりも熱伝導率が高いので断熱性能が低いです。断熱材を効果的に配置するなどして、断熱性能を高める必要があります。

おしゃれな空間にするコツ

RC住宅をおしゃれな空間にするコツをいくつか紹介します。

・コンクリート打ちっ放し
室内空間でコンクリートをむき出しにすると、洗練された印象のインテリアになります。アクセントにグリーンを置くと、家全体のイメージが寂しくなりません。

・スケルトン階段
開放感のあるスケルトン階段もおすすめです。例えば大空間のリビングの真ん中に設置しても、スケルトン階段なので目立ちすぎないです。ただ小さいお子さんがいる場合は、安全面を考えて避けた方がよいでしょう。

・照明にこだわる
照明にこだわることも、おしゃれな家づくりに欠かせないポイントです。直接照らす照明だけでなく、間接照明を室内の随所に設置すると、程よい光でおしゃれ空間を演出できます。

間取り・レイアウト例

・LDKを広めにとる RC住宅は柱も必要ないため、開放感のある大空間を実現できます。テラスや中庭をLDKにつなげたり、天井を高くしたりするなど、自由にレイアウトできます。

・高い防音性を生かして、シアタールームや楽器を楽しむ部屋をつくる RC工法は防音効果が高いことも特徴なので、その防音性を生かしてシアタールームや楽器を楽しめる部屋をつくることもできます。

・広い間口を取れるのでビルトインガレージをつくる RC住宅は広い間口を取れるので、ビルドインガレージをつくるのもよいでしょう。趣味を楽しめる家として、愛車を身近に感じながら生活できます。

注文住宅で建てる「RC住宅」についてフリーダムアーキテクツにご相談ください

RC住宅は柱が必要ないため間取りの自由度が高く、耐用年数が長いことが特徴です。ただ、地盤改良工事が必要になる場合や工期が長くなることもあり、建築費用が気になるところではないでしょうか。フリーダムアーキテクツでは、多くのRC住宅を建築した実績があります。RC住宅を検討中なら、いつでも見積りや間取りなどについてご相談ください。

✓ 間取り・レイアウトのこと
✓ お金・予算のこと
✓ 優先順位のこと
✓ 他の家族との意見のズレのこと
✓ スペースや土地のこと

注文住宅で建てる「RC住宅」についてのよくある質問

RC住宅についてのよくある質問を紹介します。

RC住宅は寒いといわれているけど本当?

RC住宅の素材はコンクリートなので、木造住宅に比べると外気の影響を受けやすく、寒くなりやすいです。ただ断熱材を入れるなど、断熱対策がしっかりされていれば、快適に過ごせます。

RC住宅か鉄骨住宅か…工法で迷っています

RC住宅も鉄骨住宅も木造住宅もそれぞれに良さがあり、それぞれに欠点があります。そのため、それぞれの良し悪しで工法を選ぶのではなく、「どのような家に住みたいのか」「どのような暮らしをしたいのか」から考えて、それに適した工法を選ぶことが大切です。

それぞれの工法には得意な間取りやデザイン、できること・できないこと、性能などすべて異なります。初めて注文住宅を建てる人にとって、それらの違いを把握し自分に適した工法を見極めるのは簡単なことではありません。自分に合った工法を見つけ後悔しない注文住宅をつくるためにも、専門家へ相談することが大切です。

フリーダムアーキテクツでは、プロの設計者がしっかりとヒアリングして、お客様に合った工法をご提案します。RC住宅が気になっている場合は、ぜひ一度ご相談ください。

リニューアル

無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。資料請求いただいた皆様に、無料でお届けします。

無料住宅作品集の取り寄せ

注文住宅・デザイナーズハウス
の建築実例を探す

全国で年間約400棟の注文住宅を
設計しているからこそ、事例も豊富

注文住宅・デザイナーズハウスの建築実例を探す

この記事を書いた人

長谷川 稔

FREEDOM ARCHITECTS
長谷川 稔

1971年生まれの関西出身者。情報出版会社を経て2014年よりFREEDOM株式会社へJoin。現在プロモーション担当としてフリーダムの魅力を伝えています。

住宅作品集の取り寄せや、
各種ご相談はすべて
無料で受け付けています。

フリーダムアーキテクツでは、約40例の写真・間取り・価格などをご紹介した
住宅作品集を無料でお届けしています。
また、セミナー・見学会のご参加から各種お問い合わせも、無料でご相談いただけます。

お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムアーキテクツのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集

LINE公式アカウント

LINE登録で全員にプレゼント

建築実例やイベント情報を配信中!ご登録頂くとノウハウ WEBカタログや、また来場時に家づくり3点セットを差し上げます。

家づくり3点セット
住宅作品集の取り寄せや、各種ご相談を随時受け付けています。
  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. フリーダムマガジン
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア