注文住宅の「仕事部屋」特集

カテゴリー:注文住宅

テレワークの普及もあり、仕事専用のスペースを確保したいと思っている方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、注文住宅で実現できる3タイプの仕事部屋、建築事例、間取りや空間づくりの注意点・コツ、よくある疑問などを紹介します。

【タイプ別】仕事部屋の特徴

独立したタイプの「仕事部屋」

独立タイプの仕事部屋は、一般的に書斎と呼ばれる専用の部屋です。 独立タイプのメリットは、騒音をシャットアウトでき、人の出入りもないため集中しやすいことです。また、パソコンや書類棚などを固定で設置できるため作業効率もよくなります。

一方、家の床面積が狭い場合は、仕事部屋にスペースを取られるのがもったいないと感じる人もいるでしょう。このため寝室などのスペースと兼用にする場合もありますが、仕事時間が不定期の場合は家族に迷惑がかかってしまうこともあります。

半独立タイプの「仕事部屋」

半独立タイプの仕事部屋はリビングやダイニングの一角に、仕事用のスペースを設けるタイプです。例えば、リビング階段の下にデスクを置いたり、目線が隠れる程度の間仕切りをしたスペースをリビングや寝室に設けたりする方法があります。

半独立タイプのメリットは、独立タイプより場所を確保しやすいことと、子どもの学習や家事のスペースとしても活用しやすいことです。また、家族の様子をうかがいながら仕事もできることは、小さな子どもがいたり、高齢の親のお世話をしていたりする際のメリットになるでしょう。

一方、デメリットは独立タイプよりも防音性が悪く、一緒の部屋に家族がいることもあって集中しにくいことです。また、通常、デスクや椅子は簡易的な物になるため、テレワークで1日作業するような場合は、体に負担がかかりやすくなってしまいます。

オープンタイプの「仕事部屋」

オープンタイプの仕事部屋は、リビングにカウンターテーブルを設置したり、階段の踊り場やスキップフロアなどのオープンスペースを活用したりする方法です。

オープンタイプのメリットは、食卓や小上がりにあるテーブルなどを活用するのと異なり、常に一定のスペースを確保できることです。使う時間帯をずらせる場合は、子どもの学習やアイロンがけなど、多目的な活用もできるでしょう。

一方、デメリットは防音性やプライバシーを確保できないことです。書類やパソコン画面も見られてしまう状態ですので、仕事のコンプライアンス上、好ましくない場合もあるでしょう。

予算相場・価格・費用

RC住宅の価格は木造や鉄骨造に比べ高く、坪単価の目安は100万円からとなります。

木造のローコスト住宅だと、40〜50万円ほどが坪単価の相場です。坪単価だけで見るとRC住宅は高い印象はあります。しかし、耐用年数や耐火性・耐震性などの観点から考えると一概に高いとはいえないのではないでしょうか。

「仕事部屋」で人気の建築実例

CASE716 Calm

独立タイプの仕事部屋は2畳程度のスペースでも可能です。この事例では、デスクを窓に向けて解放感を出したり天井付近に本棚を設けて省スペースにしたりするなどの工夫で、快適な空間を実現しています。

CASE 716
Calm

自然との一体感を感じられる住まい

CASE695 MEGAPHONE-HOUSE (メガホンハウス)

寝室の一角に設けられた半独立タイプの仕事部屋です。壁でしっかり区切られていますので、同室の方も照明の光や音があまり気にならないでしょう。

CASE 695
MEGAPHONE-HOUSE (メガホンハウス)

公園に向かって視界が開けるメガホンハウス

CASE687 “□×□×和 (ハコニワ)”

こちらは趣味と仕事の兼用スペース。壁にかけられたギターがインテリアにもなっていておしゃれです。

CASE 687
“□×□×和 (ハコニワ)”

心落ち着く静かな時に癒される住まい

CASE624 『7:3の家』

窓からの景色が開放的な仕事部屋です。造作家具でスペースを最大限活用しながら、収納量もたっぷり確保しています。

CASE 624
『7:3の家』

不要な飾り気を無くした自然体な住居

CASE573 次代の家

こちらの家は、屋根の角材を見せたアクセントが魅力的です。天井まで仕切られていない壁があるため、こもりきりになることなく、家族の様子を感じながら仕事できそうです。

CASE 573
次代の家

広大な敷地に、ご両親が住まう母屋と玄関の位置が並列になるように設計された住まい

2022年最新版 注文住宅ランキング

フリーダムアーキテクツの建築実例から、閲覧数の多いトップランキング10の実例もご紹介していますので、ぜひこちらもご参照ください。

2022年最新版 注文住宅ランキング

「仕事部屋」検討時の注意点

ライフスタイルが変わる可能性がある場合は、仕事部屋が本当に必要なのか検討しなければなりません。例えば、テレワークが一時的だけになりそうな場合や、定年退職が近い場合などは、他の用途に活用できるように長期的な計画を立てておくとよいでしょう。

また、仕事中での家族との生活も大切です。特に仕事部屋と寝室を兼用にする場合や、リビングに半独立の仕事部屋を設ける場合は、家族が気を遣いすぎたり、不便に感じたりしないか、じっくりと考えましょう。

もちろん仕事の質が高まるかどうかも大切です。デスクの広さや防音性の高さなど、求めるレベルによって間取りや設備は大きく変わってきます。

おしゃれな空間にするコツ

仕事部屋をおしゃれな空間にするには、どのような工夫をしたらよいのでしょうか。ここでは注文住宅ならではの造作家具や壁紙のオーダーから、手軽にできるアイデアまで紹介します。

アイデア 具体例
造作カウンター ・造り付けのため、部屋との一体感が出せる
・スペースを取らない
壁紙を変える ・コンクリートブロック調の壁紙でクールな印象に変えたり、木目調の壁紙であたたかみのある雰囲気を出したりするなど
おしゃれな椅子を選ぶ ・独立タイプなら大型でスタイリッシュなオフィスチェアを導入して、書斎に高級感を出せる
・半独立、オープンタイプなら、カフェで使われるような雰囲気のある椅子もおすすめ
お気に入りの小物で自分らしいスペースに変える ・楽器やレコード、好きなスポーツチームのユニフォーム、絵はがきなど
観葉植物 ・空気清浄や調湿効果で集中力アップ
・半独立やオープンタイプの仕切りとしても使える

間取り・レイアウト例

仕事部屋のデスクのレイアウトは、I型とL型が主流です。それぞれの特徴とメリットは以下のとおりです。

I型レイアウト L型レイアウト
特徴 ・単体または複数のデスクを壁に向けて横一列で設置 ・壁に沿ってL字型に配置
メリット ・部屋を選ばず配置しやすい
・奥行き45cm程度のデスクなら半独立、オープンタイプでもスペースを取らない
・ワークスペースが広い
・配線を後ろに隠しやすい
デメリット ・場所によっては、家族の様子を見ながら仕事をしにくい ・独立タイプでないとスペースを確保しづらい
・部屋にちょうど合う家具をみつけにくい

このほか、スペースに余裕がある独立タイプの仕事部屋では、部屋の中央にデスクを置くアイランド型という選択肢もあります。

注文住宅で建てる「仕事部屋」についてフリーダムアーキテクツにご相談ください

仕事部屋は何となくつくってしまうと、使い勝手が悪い、あまり使う機会がないなどの理由で、結局デッドスペースや荷物置き場になってしまいかねません。

このため家づくりでは、仕事部屋に必要な広さや防音性、機能性などを、家族の生活スタイルや将来の暮らしなども含めてよく検討する必要があります。とはいえ、「本当に仕事部屋が必要なのか」「他のスペースと兼用したい」「どのような造作家具を設置できるのか」など、自分だけではわからないことも多いのではないでしょうか。

フリーダムアーキテクツでは、さまざまな疑問やお悩みにプロの設計者が、最適なプランを提案いたします。

✓ 間取り・レイアウトのこと
✓ お金・予算のこと
✓ 優先順位のこと
✓ 他の家族との意見のズレのこと
✓ スペースや土地のこと

注文住宅で建てる「仕事部屋」についてのよくある質問

ここでは、注文住宅で仕事部屋を検討している方からよくある質問について、Q&A方式で回答します。

仕事部屋に防音対策は必要?

普通の部屋以上に防音対策するのは、コスト面を考えるとあまりおすすめできません。

集中して作業したい方は多いでしょうが、自宅で理想的な環境を求めるとコストアップにつながってしまいます。そのため、ちょっとした音でも気になってしまう方を除けば、特別な防音対策をしないケースがほとんどです。

気になるようなら防音材を床や壁に貼ったり、パーティションで間仕切りをしたりするだけでも、音は気にならなくなります。

あとから仕事部屋をつくることは可能?

リフォームによって追加できますが、工事費がかかります。

したがって、仕事部屋が必要か迷っているなら、多目的に活用できる造作カウンターだけでも設置しておくとよいでしょう。子どもの学習用や収納スペースとしても使えますし、奥行きが短いタイプなら、そのままの状態でもあまり邪魔にはなりません。

また、仕事部屋は個室がよいということであれば、他の用途と兼用できないか検討してみるとよいでしょう。フリーダムアーキテクツは経験豊富な設計者が、お客さまの希望をヒアリングしながら、さまざまなプランを提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

リニューアル

無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。資料請求いただいた皆様に、無料でお届けします。

無料住宅作品集の取り寄せ

注文住宅・デザイナーズハウス
の建築実例を探す

全国で年間約400棟の注文住宅を
設計しているからこそ、事例も豊富

注文住宅・デザイナーズハウスの建築実例を探す

この記事を書いた人

長谷川 稔

FREEDOM ARCHITECTS
長谷川 稔

1971年生まれの関西出身者。情報出版会社を経て2014年よりFREEDOM株式会社へJoin。現在プロモーション担当としてフリーダムの魅力を伝えています。

住宅作品集の取り寄せや、
各種ご相談はすべて
無料で受け付けています。

フリーダムアーキテクツでは、約40例の写真・間取り・価格などをご紹介した
住宅作品集を無料でお届けしています。
また、セミナー・見学会のご参加から各種お問い合わせも、無料でご相談いただけます。

お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムアーキテクツのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集

LINE公式アカウント

LINE登録で全員にプレゼント

建築実例やイベント情報を配信中!ご登録頂くとノウハウ WEBカタログや、また来場時に家づくり3点セットを差し上げます。

家づくり3点セット
住宅作品集の取り寄せや、各種ご相談を随時受け付けています。
  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. フリーダムマガジン
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア