住まいの設計2015年7月ー8月号


2世帯の住まいと仕事場を
3棟に分けブリッジで結ぶ

東京・世田谷区 Hさんの家
家族構成/夫30代 妻30代 母60代 弟30代


玄関の向き・配置に工夫し適度な距離感をつくる

 家族で会社を経営するHさん一家。長男の結婚を機に、自宅を事務所併設の2世帯住宅に建て替えることにした。プランニングはフリーダムアーキテクツデザインに一任。設計者は、2つの暮らしと仕事という、3つの目的を象徴するような建物を提案した。


01
01

大小3つの箱を並べ、2階に渡したブリッジで1つにつなぐ。南側の大きな箱の1階を親世帯に。 塔のような小さな箱が子世帯の玄関と階段で、ブリッジで結ばれた2階全部が生活空間だ。事務所は北向きの箱の1階で、玄関もほかの棟に背を向けている。親子はそれぞれ、いったん自分の玄関を出て、庭を回って事務所に出勤。プライベートから仕事モードへと、気分を切り替える仕掛けだ。  完全分離の2世帯だが、玄関同士は向かい合い、透明なブリッジを通して気配が伝わる。親と子、公と私の適度な距離が保たれる。


01
01
01


■SUMAI no SEKKEI (住まいの設計)
暮らしたくなる家がきっと見つかる!
住まいの総合専門誌
隔月刊誌:奇数月21日発売
出版社: 扶桑社
http://www.fusosha.co.jp/sumai/

01

  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. 住宅作品を探す
  5. イベント情報
  6. 暮らしの記事
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア