LiVES2020年4月号


心にゆとりをもたらす、中庭で家族がつながる家

年間約400棟、全国No.1の実績を誇るフリーダムの注文住宅。デザイン性の高さはもちろん、言葉にできない夢を引き出すヒアリング力、家族全員の「したい暮らし」を予算内で叶える提案力は、OB客からも評価が高い。オーダーメイドならではの自由さと、暮らしに寄り添った設計が生み出した、大満足の一棟を訪ねた。

text_ Sayuri Ando photograph_Akira Nakamura


01



心にゆとりをもたらす、中庭で家族がつながる家

リビングに入った瞬間、自然光の明るさと開放感に圧倒される―。この家に住むのは、「毎月のようにキャンプに行く」という、アウトドア好きのSさんご家族。
以前の賃貸マンションはキャンプ用具を収納するスペースが無く困っていたこと、さらにお母様との同居も控えていたことから、広さのある一戸建てを新築することにした。
Sさんが依頼先を探す上で重視したのは、デザイン、コスト、スタッフとのコミュニケーション。
「住宅展示場では、まず間取りの話から入るのが普通でしたが、フリーダムさんでは『どんな暮らしがしたいですか?』と聞かれたんです。
そこでたっぷり2時間、会話をしながらその場でイメージ図を起こしてくれて。こちらにお願いすれば、自分たちの求めるライフスタイルを実現する近道になると感じ、依頼を決めました」(ご主人) 
Sさんが描いたのは、明るい家、そして中庭でBBQをする暮らし。そこでフリーダムは、中庭をコの字で囲ったコートハウスを提案。住宅地にありながらプライベートな屋外スペースが持てるこの形なら、周囲の目を気にすることなくBBQを楽しめる。
通り側には格子のルーバーを設置し、通行人の視線を優しくカット。建物の中庭に面した壁には複配置のおかげでスムーズに

01

数の大窓を設置し、屋内に光を最大限取り込むよう計画した。
 3人のお子さんの子育てに忙しい奥様は、家族が家のどこに居ても気配が感じられる間取りを希望。
ダイニングを吹き抜けにし、仕切りを極力少なくすることで、縦横の空間につながりを持たせた。玄関土間には駐車場からも出入りできる大容量のシューズインクローゼットを設け、家族の靴はもちろん、キャンプ用具も余裕で収納できるように。
車への荷積みも、劇的に楽になった。
「以前賃貸に住んでいた時は、キャンプ用具のためにコンテナを借りていて、出し入れが大変でした。当時と比べると、一割程度の時間で済むようになりました」(ご主人)
「収納は“隠す収納”にしたかった」という奥様の声で、キッチン背面に一面の大型収納を造作。冷蔵庫以外の調理家電と食器類がすべて収まるよう設計し、驚くほどスッキリしたキッチン空間を実現した。
キッチンの裏にはウォークインパントリーを設け、家庭菜園に出られる勝手口も確保。摘みたてのハーブなどを使った手作りピザは、お子さんたちの大好物だという。
「棚板の取り付けなど、自分でできる部分はDⅠYを取り入れて、きちんとコストコントロールしてもらいました。予算の都合で何かを諦めるのではなく、こうやって予算内で欲しいものを手に入れることって、大事ですよね」(ご主人)



01

家は広く、家族の距離は近く
安心感が暮らしの質を高める

完成から丸3年。当初描いていた通り、毎週末のように中庭でのBBQを楽しんでいるというSさん。
つながり感のある間取りのおかげで、家の中での会話がスムーズになり、親子の会話量も増えたそうだ。
「一からつくりあげる作業がとても楽しかったです。細かい部分の建材や設備も自分で選べて、隅々まで好きなものが取り入れられました。
何より、キッチンでの料理中、吹き抜けだけでなく中庭に面した窓を通じて、2階の子どもたちの様子が分かって安心なんです。この『コの字型』は正解でしたね」(奥様)
 この家を建てたことで、Sさんは理想のライフスタイルだけでなく、心のゆとりも手に入れたようだ。 





■LiVES(ライヴズ)
デザイン住宅、デザイナーズ・マンション、リフォーム&リノベーション、建築家など、
スタイルのある住宅を手に入れるための情報誌
隔月刊誌:奇数月15日発売  発行: 株式会社第一プログレス
http://www.livesjapan.com/

01

  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. 住宅作品を探す
  5. イベント情報
  6. 暮らしの記事
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア