NEWS
■OB様宅訪問会(愛知県刈谷市) 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する お電話でのお問い合せは0120-489-175

LiVES 2017年8月号


フリーダムの設計者の視線。
その先にあるのは住まい手が喜ぶ理想の暮らし

家を自分の作品と捉える設計者もいるが、フリーダムの設計者は「お客さまの作品」というスタンスを貫く。今回紹介する須原氏も、住まい手の想いに120%全力で応える一人だ。

text_ Haruko Hamahori  photograph_ Takeshi Kimura(人物)

h

 「設計者の色を全面に押し出すのではなく、お客さまの求める色を引き出して、お客さまの作品となる家づくりをサポートしたい。それがフリーダム入社の動機」と語るのは、関東設計Lab の須原実氏。4 年の月日が流れ、今では設計マネジメント部の部長としての役割も担う。そんな須原氏が近年担当した住まいが『cozy blue』だ。外観の色は住まい手の強い要望があったブルーグレー。キューブ2 つを斜めに重ねた独創的なフォルムが優しく目に映る。アプローチの軒天井を木にして、訪れた人が自然と玄関へ足が向く配色も趣がある。

 住宅密集地であるため、室内は2 階にLDK を配した逆転プラン。来客が多く、バーベキューを楽しみたいという希望に応え、ダイニングキッチンの近くにバルコニーを配置。「明るいキッチンは使いやすく、友人を招いてのホームパーティーも快適です」と好評だ。また、1 階は主寝室以外に個室が3部屋あるのもご夫妻の思いを反映。子ども室としているが、TPO やライススタイルの変化に応じて柔軟に使えるようにしており、建築当初にすべての空間を意味付けせず、住まい手が育んでいく価値観や暮らしをサポートする姿勢が伝わるプランだ。「欧米では弁護士や医師と同格で建築士が認知されていますが、日本もそうなるように、お客さまが喜ぶ住まいを地道に提案し続ける。それがすべてです」


h


h


h


h

住まいの設計 ガレージライフ マイホームプラス LiVES ゲーテ ENGINE
家づくり無料相談会
失敗しない為のデザイン住宅無料セミナー開催について フリーダムの土地探し 建築実例 費用について フェイスブック始めました
無料資料請求はこちらから