注文住宅の「ローコスト住宅」特集

カテゴリー:注文住宅

ローコスト住宅という言葉はよく聞くけれど、実際どのくらいの金額で建てられるか気になりますよね。ローコスト住宅の特徴やメリット・デメリット、実例、建てる際に気をつけたいことなどを紹介します。

「ローコスト住宅」の種類・特徴

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、安い価格で建てられる住宅のことです。ローコスト住宅は、以下のような人に向いています。

・ローンを多く組めない人
・家にはそこまで費用をかけたくないが、注文住宅で建てたい人
・建物そのものではなく、インテリアや外観などにお金をかけたい人

ローコスト住宅はなぜ安いの?

ローコスト住宅が安い理由には以下のことなどが考えられます。ハウスメーカーや工務店など会社によって、何のコストを削減しているか異なるので確認してみるのもいいでしょう。

・住宅展示場に出展していない
モデルハウスなど住宅展示場への出展や、広告費用を抑えることでローコストを実現しています。住宅展示場や広告は、自社の家の知名度を上げるには効果的ですが、それら費用は商品に上乗せされるのが一般的です。

・材料費を抑えている
材料費を抑えることでローコスト住宅を実現しているケースもあります。材料費を抑えるというのは、悪い材料を使用するというわけではなく、建材を大量に仕入れることで、仕入れるときの費用を抑えていることもあるのです。

・間取りや材料費をパッケージ化している
間取りや材料費をパッケージ化していることも安く建てられる理由です。まとまった数の材料を大量に仕入れることでコストを抑えています。

ローコスト住宅のメリット・デメリット

まずは、ローコスト住宅にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、それぞれを紹介します。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅のメリットは、家を安く建てられることです。そのため、住宅ローンや自己資金の負担を減らすことができ、その分を貯蓄や教育資金などに回せます。また、ローコスト住宅でも自由設計ができる住宅会社なら、建築費用を抑えながらも自分のこだわりを実現できることがローコスト住宅の魅力ではないでしょうか。

ローコスト住宅のデメリット

ローコスト住宅では、設計の自由度に差が出てしまう点がデメリットといえるでしょう。間取りや設備がパッケージ化されていることも多く、自由設計とはいえ、できることに制限が生じてしまいます。どこまで自由に設計できるかどうかは、会社ごとに確認するとよいでしょう。

ローコスト住宅の予算相場・価格・費用

ローコスト住宅は、一般的に1000〜2000万円前半で建てられる住宅のことをいいます。坪単価にすると30〜50万円帯です。
例えば、坪単価40万円で延床面積30坪なら建物本体価格は1200万円、オプション・付帯工事などの費用に500万円前後、諸費用に200万円前後として1900万円と予算を立てられます。
しかし、これらは建物にかかる費用です。土地代はエリアによって価格が大きく異なります。予算を立てるときは、建物・土地代の総額で検討しましょう。

「ローコスト住宅」で人気の建築実例

CASE687 “□×□×和 (ハコニワ)”

外観は、あえて開口部を少なくし閉鎖的にすることでプライバシーを守っています。濃い色味の木材を使用した、温かみを感じられるLDKが特徴です。ローコストでありながら、趣味を楽しむ空間も確保しています。

CASE 687
“□×□×和 (ハコニワ)”

心落ち着く静かな時に癒される住まい

CASE622 fit

住宅密集地である周辺の景観にfitするように設計された平屋住宅です。通り土間の天井からの光がLDKにも射し込むので、住宅密集地でもプライバシーを確保しつつ太陽光を取り入れられます。

CASE 622
fit

街にfitし、暮らしにfitする平屋住宅

CASE486 デザインへの挑戦

敷地の形状や法規制などの制約をクリアしつつ、デザイン性を追求した家です。狭小地でも快適に暮らせるように計画できる空間を最大限に活用、ルーフにバルコニーを設けるなど、さまざまな工夫がされています。

CASE 486
デザインへの挑戦

制約にとらわれない自由設計ならではの家づくり

CASE342 ~ う つ ろ ~

シンプルな外観からは想像できない、日常を非日常空間にする空間の仕掛けが施されている家です。室内中央の列柱によって空間に区切りを入れることで、非日常な空間を演出しています。吹き抜けには2階部分にも大きな窓を設け、多くの光を取り込めるのも特徴です。

CASE 342
~ う つ ろ ~

空間的な仕掛けで日常を非日常空間へ

2022年最新版 注文住宅ランキング

フリーダムアーキテクツの建築実例から、閲覧数の多いトップランキング10の実例もご紹介していますので、ぜひこちらもご参照ください。

2022年最新版 注文住宅ランキング

「ローコスト住宅」検討時の注意点

会社によって、安く提供できる理由は異なります。例えば保証期間が短かったり、木材の材質を落としているなどの可能性もあるので、なぜ価格が安いのか確認しましょう。
複数社比較するのもポイントです。設計者や営業マンの対応なども含め、納得のいく注文住宅を建てられる会社を見つけましょう。いくらご予算内で家を建てられても、営業マンの対応が良くないと、「家を建てて良かった」と思えなくなってしまいます。
またローコスト住宅であれば、インテリアや設備がパッケージ化されていることもあります。どのようなインテリアにできるのか、こだわることはできるのかなど、事前に確認しておきましょう。
ご契約後にどのくらい見積りが上がるのか、ご契約前に確認しておくのも重要です。ご契約後にプラン変更すると、思いがけない追加料金が発生することもあります。ご契約後、どのような変更でどれくらいの追加料金が発生するのかなど、事前に把握しておきましょう。

おしゃれな空間にするコツ

ローコスト住宅でも、工夫次第ではおしゃれに仕上げることは可能です。どんな方法があるのか、その一部を紹介します。

外壁の色を2色使う

外壁の色を2色使うなど、上手に張り分けることで、おしゃれな外観の家を演出できます。また、色だけでなく、タイルを一部だけに張り付けるなど、材質を張り分けるのもおすすめです。

収納を設けて生活感をなくす

収納を多く設けて生活感をなくすと、洗練された家づくりができます。生活感のない空間にグリーンなどを飾ると、さらにおしゃれ感が増しそうです。

LDKや外観の照明をおしゃれにする

LDKや外観の照明選びもポイントです。実例で紹介したような、趣味のものにスポットライトを当てるなど工夫してみましょう。

壁紙を貼り分ける

壁紙を貼り分ける方法もあります。ベースは白の壁紙にして、テレビボード側の壁部分だけタイル風の壁紙にするなど、さまざまな工夫ができます。

間取り・レイアウト例

総2階にして形も凹凸をなくせば、価格も抑えられ、かつ構造的にもおすすめです。凹凸がないシンプルな形状なら、コストを抑えられます。総2階は1階と2階のつくりが同じ建物なので、床面積をフルに使用できる効率的な家づくりができます。
また、間仕切りをできるだけ減らして、オープンな間取りにするのもポイントです。壁が増えれば下地材や仕上げ作業が必要になります。間仕切りをできるだけ減らせば、コストを抑えられるのです。

ローコスト住宅についてフリーダムアーキテクツにご相談ください

ローコスト住宅は安く家を建てられますが、「なぜ安いのか」「安いけど大丈夫?」など気になるものです。また、ローコスト住宅とはいえ、ご家族のこだわりのある注文住宅を建てたいですよね。
ローコスト住宅でもプロの設計者に相談すれば、素敵な家づくりを実現できます。ローコスト住宅についてのお悩みがございましたらフリーダムアーキテクツが解決するので、ぜひご相談ください。

✓ 間取り・レイアウトのこと
✓ お金・予算のこと
✓ 優先順位のこと
✓ 他の家族との意見のズレのこと
✓ スペースや土地のこと

ローコスト住宅についてのよくある質問

ローコスト住宅についてのよくある質問を紹介するので、注文住宅を建てる際の参考にしてください。

ローコストで建てたいけど、こだわったら結局予算が大幅にオーバーしてしまうのでは?

ご要望をプランに上乗せすればするほど総費用は上がってしまいます。しかし、だからといってこだわることができないとは言い切れません。叶えたいご要望には優先度があるかと思います。どうしても叶えたいものから、可能であれば叶えたいものなど優先順位を整理いただくことで、ご予算に合わせたご検討がしやすくなります。
また、普通に設計すると費用がかかってしまいますが、使用する建材や設計の工夫により、想定よりもコストを抑えてご要望を実現できるケースもあります。そのため、ご自身で無理だと思うようなご要望でも、一度プロにご相談してみることをおすすめします。フリーダムアーキテクツなら、設計や土地のご相談から資金計画のご相談まで無料で対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ローコスト住宅は性能面や保証などは大丈夫なのでしょうか?

性能面や保証期間・内容などは、各ハウスメーカーで異なるため確認が必要です。フリーダムアーキテクツでは、10年間の「住宅瑕疵担保責任保険」「地盤保証」「設備保証」などがあります。
フリーダムアーキテクツがご提案する家づくりは完全自由設計のため、ご予算内であればお客様がご納得いただける性能面のご要望にも、最大限に応えることができます。

リニューアル

無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。資料請求いただいた皆様に、無料でお届けします。

無料住宅作品集の取り寄せ

注文住宅・デザイナーズハウス
の建築実例を探す

全国で年間約400棟の注文住宅を
設計しているからこそ、事例も豊富

注文住宅・デザイナーズハウスの建築実例を探す

この記事を書いた人

長谷川 稔

FREEDOM ARCHITECTS
長谷川 稔

1971年生まれの関西出身者。情報出版会社を経て2014年よりFREEDOM株式会社へJoin。現在プロモーション担当としてフリーダムの魅力を伝えています。

住宅作品集の取り寄せや、
各種ご相談はすべて
無料で受け付けています。

フリーダムでは、約40例の写真・間取り・価格などをご紹介した
住宅作品集を無料でお届けしています。
また、セミナー・見学会のご参加から各種お問い合わせも、無料でご相談いただけます。

お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集

LINE公式アカウント

LINE登録で全員にプレゼント

建築実例やイベント情報を配信中!ご登録頂くとノウハウ WEBカタログや、また来場時に家づくり3点セットを差し上げます。

家づくり3点セット
住宅作品集の取り寄せや、各種ご相談を随時受け付けています。
  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. フリーダムマガジン
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア