フリーダムが考える
二世帯住宅

ご両親やお子様と一緒に暮らす二世帯住宅。
家族との繋がりを大事にしながらも、
それぞれのプライベート空間も確保したい。
もちろんおしゃれな空間にもこだわる。
フリーダムアーキテクツの完全自由設計だから
実現できる二世帯住宅・三世帯住宅をご紹介します。

01. プランニング | フリーダムの二世帯住宅

二世帯住宅の
基本プランニング

二世帯住宅の間取りは、玄関・浴室・キッチンなど生活空間をどの程度分けるのか、
それぞれのプライバシーをどの程度確保するのか、また生活リズムはどうなのかなどに応じて
大きく3タイプに分けて考えることができます。

  • 独立二世帯
  • 共用二世帯
  • 融合二世帯

独立二世帯

生活空間を分けることで各世帯で気兼ねない生活を実現できるスタイル。

玄関・浴室・キッチン・居室など生活空間が完全に独立した二世帯住宅の間取り。プライバシーの確保に優れ、生活リズムの違いに悩むことも少ないことが特徴です。親世帯のリビングを広めに設計することで、家族が集まる空間が生まれます。

  • キッチン・玄関・浴室は完全独立
  • プライバシーを確保しやすい
  • お互いに気兼ねなく友人を招きやすい
  • 広めの土地に向いている間取り

一部共有型二世帯

玄関や浴室など生活空間の一部を共有する経済的なメリットの大きいスタイル。

玄関・浴室・キッチンなど親世帯・子世帯で一部生活空間を共有する間取り。限られた土地を有効活用できることと、建築費を抑えられることが大きなメリット。寝室やリビングなどを独立させることでプライバシーも確保しやすいのが特徴。

  • 玄関・浴室など一部を共有
  • リビングや寝室などは独立
  • 共用空間を設けることで経済的なメリット
  • 限られた土地を有効活用

完全共有型二世帯

共用できるものはなるべく1つに。家事・育児・介護を協力しやすいスタイル。

玄関や浴室、食事をするダイニングなどを共用することで、家事や子育てから将来的な介護まで家族で協力しやすい間取り。親世帯・子世帯をフロアで分けたり、サブリビングを設けることでプライバシーも確保できます。

  • 共用できるものはなるべく1つに
  • サブリビングや寝室など独立空間も確保
  • 建築コストは抑えやすい
  • 家事や育児の負担は少ない
02. ライフスタイル | フリーダムの二世帯住宅

二世帯住宅だから実現できる
ライフスタイル

ご両親と一緒に暮らすこと、お孫様の顔がいつでも見れること、
二世帯住宅ではそんな光景が当たり前。
二世帯住宅ならではのメリットを活かし、よりよい暮らしを実現しましょう。

  • 限られた敷地を有効活用

    親世帯・子世帯が一緒に暮らすため、それなりの広さの家を建てる必要があります。しかし、お互いに共用できる部分を設けることで、戸建を2棟建てるよりも効率よく土地を活用することができます。
  • 子育て・家事を親世代がサポート

    子世帯のご夫婦が共働きであるケースでは、ご両親がお子様を見守ってくれることは特に安心で心強いものです。料理や掃除なども適度に分担して行えることも大きなメリットです。
  • 親世代の健康を身近に感じる

    将来ご両親の介護をどうするかは二世帯住宅を考えるテーマの1つです。すぐ近くに身内や介助者がいることは親世帯にとっても安心なものです。
  • 経済的なメリットも大きい

    建築費など家を建てる時にかかるお金の援助を受けられるほか、食費や通信費・光熱費など生活を始めてからかかるお金も分担できるのも大きなメリットです。

二世帯住宅のデメリットも
フリーダムなら解決

プライバシーの確保

2つの家族が同居するため、プライバシーをどのように確保するのかは悩みどころになります。トイレや浴室などのほか、メインのリビングの他にサブリビングを設けたり、親世帯・子世帯でキッチンを分けるなど、シェアするもの分離するものを整理しプランニングすることで、適度な距離感を保つことができます。

生活リズムの違い

二世帯での生活が始まると「家から出かけるタイミング」や「友人・知人を招く頻度」など生活リズムの違いがストレスになりがち。お互いの生活を尊重しつつも気を遣わずに生活ができるよう、間取りの検討段階から玄関や水回りを適切に設計することで、些細なストレスも軽減することができます。

03. 二世帯住宅作品 | フリーダムの二世帯住宅

フリーダムの
二世帯住宅作品

【独立二世帯住宅の事例】

フロア毎に異なる世帯が入る3階建て住宅

CASE 523 くのじのいえ

1階に親世帯、2階に賃貸スペース、3階に子世帯という特殊なプランで設計されたデザイン住宅。建物は敷地の形状に沿って「くの字型」の間取りを採用。これにより、敷地面積を最大限に活かした広さを確保しました。敷地の特性と向き合い、それぞれの家庭で快適な暮らしを叶えた住宅に仕上がりました。

【共用二世帯住宅の事例】

世界観を分けながらも暮らしを共用する二世帯住宅

CASE 695 MEGAPHONE-HOUSE(メガホンハウス)

2方向が道路に面した台形の変形地に計画された二世帯住宅。各フロアで暮らす世帯が異なるため、デザインテイストから異なる世界観で設計されています。また、建物全体では、木・塗り壁・タイルなど質感の異なる素材がメリハリを創り、見る角度により印象が変化する設計にしている点も特長のひとつです。

【融合二世帯住宅の事例】

程よい距離感を保ちつつ気軽に繋がる二世帯住宅

CASE 635 三角屋根でつながる家

親子世帯の各棟を並列に設けた二世帯住宅。平屋と2階建ての建物が並ぶような造りとなっており、子世帯の居住空間にはDJをBGMとして楽しめるセカンドリビングも設けられています。ただ独立して設計するだけではなく、物干場を各世帯で共有するなど、利便性やご家族間の繋がりを大切にする住まいに仕上がりました。

住宅作品集の取り寄せや、
各種無料相談窓口

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集
お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

04. 間取り解説 | フリーダムの二世帯住宅

二世帯住宅の間取りを
設計士が解説

  • 1F
  • 2F
  • 3F
  • 4F
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
家族構成
ご夫婦、子ども3人、お母様
間取り
親世帯 1LDK、賃貸1世帯 1ROOM、子世帯 2LDK+書斎
延床面積
198.29㎡
敷地面積
133.25㎡
【独立二世帯住宅の間取り解説】
【CASE 523】
二世帯住宅+賃貸併用の快適な住まい
親世帯のポイント
複数階ある二世帯住宅においては、親世帯が最下階になることが多く、こちらのお宅でもその構成で設計されています。一般的には、子世帯より親世帯の方が入居人数の関係で小さくなることも多い中、同等のスペースを設けており、LDKにもゆとりがある点はこちらのお宅ならではの特徴です。
子世帯のポイント
1階は親世帯のためのスペースとして明確に切り分け、子世帯の住まいは3階と2階の一部として、玄関も異なる導線で設計しています。同じ建物ではあるものの、建物内から3階まで上ることはできず、完全に異なる住居として構成されています。
家事動線のポイント
親世帯では、家事での移動距離を軽減するために、水回りを一か所にまとめています。対して、子世帯では水回りの距離感よりも、収納やお子様の成長に合わせた将来性などを優先して間取りを描いています。ルーフバルコニーでは、BBQを楽しむ、体を動かす運動をする、布団などの大きなものを干す、といったように様々な用途で活用できるスペースとして設けています。
  • 1F
  • 2F
  • 3F
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
家族構成
ご夫婦、子ども1人、お母様、ペット(犬)2匹
間取り
親世帯 1LDK+S、子世帯 3LDK+S
延床面積
224.66㎡(67.82坪)
敷地面積
156.77㎡(47.33坪)
【共用二世帯住宅の事例】
【CASE695】
公園に向かって視界が開けるメガホンハウス
親世帯のポイント
お施主様の本家となる住宅のため、親世帯は親戚が集まることを考慮して、LDKを広く設けています。普段から子世帯のお施主様も1階で食事を共にすることを想定して計画されたため、キッチンやダイニングも共有する前提で計画しました。また、洗濯機と物干しスペースは2階のみに設け、こちらも親世帯と共有してご利用しています。
子世帯のポイント
1階は親世帯、2階は子世帯と別れていますが、各フロアに共有スペースがあり、分けるよりも暮らしを共有する造りとなっています。子世帯にもキッチンはありますが、パントリーや食器戸棚がないなど、1階での食事を前提としたプランとなっています。一方で寝室などは廊下を挟んで設けているため、柔らかく子世帯用のプライベートルームとして成り立っている点もポイントです。
家事動線のポイント
1階は主寝室を起点に、LDKにも玄関にもアクセスできる入口があり、回遊できるプランになっています。これにより、移動距離を短縮し、どこに向かうにも快適な動線となっています。また、1階キッチンのすぐ横に勝手口があり、ここを出るとすぐにゴミ置き場へアクセスできるなどの、周辺環境との繋がりも意識して設計されています。
  • 1F
  • 2F
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
  • 共用
  • 親世帯
  • 子世帯
家族構成
ご夫婦、子ども1人、ご両親
間取り
親世帯 3DK 、子世帯 3LDK
延床面積
208.54㎡(63.08坪)
敷地面積
380.01㎡(114.95坪)
【融合二世帯住宅の事例】
【CASE635】
ご家族が行き交う豊かな暮らし
親世帯のポイント
親世帯では、親戚が集まることも多く、和室とリビングを一体にし、スペースを持たせています。また、旧家で縁側のある暮らしをしていたことから、縁側のあるプランを踏襲。新居でありながら、慣れ親しんだ暮らしを残しながら計画されています。
子世帯のポイント
親世帯は昔ながらの空間を区切るような造りで設計されている反面、子世帯では区切りを最小限に抑えて空間を広く取る間取りで描いています。DJやキャンプ・BBQといったアウトドア好きのお施主様に合わせた趣味の要素も取り入れ、親世帯とは異なる世界観で仕上げられています。
家事動線のポイント
特徴的なのは、物干し場を共有している点です。隣接する洗面室は各世帯で設けつつも、物干し場は共有することでスペース効率を高めています。また、親世帯では水回りをまとめたことによる家事動線の短縮化、子世帯ではパントリーにある勝手口から出てゴミを置いておけるスペースを設けたことなど、動線効率を意識した造りも工夫のひとつです。
05. フリーダムについて | フリーダムの二世帯住宅

フリーダムに
ご相談いただけること

二世帯の暮らしを豊かにお過ごしいただくために、
お悩みがございましたらフリーダムが解決いたします。

  • 家族のこと

    二世帯住宅はご家族の数だけカタチがあります。どこを共用してどこを別々にしたいか。まずはご家族皆さまのお話しを伺い、最適なカタチを一緒に考えましょう。
  • 間取りのこと

    ひとつ屋根の下で暮らすといっても適度な距離感は確保したいもの。お互いに気兼ねなく家事・育児をサポートしあえる間取りをご提案いたします。
  • お金のこと

    建築費の援助など二世帯住宅は経済的なメリットも大きいもの。光熱費や通信費の節約だけでなく、将来を見据えた相続税のことなどお金のお悩みもご相談ください。
  • 土地のこと

    フリーダムでは土地探しも不動産の専門家がお手伝いしています。自由設計を手がけるフリーダムなら、変形地や狭小地でも最大限に活用できるプランをご提案できます。
住宅作品集の取り寄せや、
各種無料相談窓口

資料請求フォーム

リニューアル無料住宅作品集の取り寄せ

フリーダムのコンセプトブックが新しくなりました。
約40の実例写真・間取り・価格をご紹介。

無料住宅作品集
お電話でのお問い合わせ

0120-489-175

受付時間 9:30〜20:30(年末・年始を除く)

  1. ホーム
  2. フリーダムを知る
  3. フリーダムのつくる家
  4. フリーダムが考える二世帯住宅
  5. 住宅作品を探す
  6. イベント情報
  7. 暮らしの記事
  1. 家づくりの流れ
  2. 施工エリア
  3. 費用について
  4. よくあるご質問
  5. 女性設計士に聞きました
  6. お客様の声
  1. 企業情報
  2. 採用情報
  3. お知らせ
  4. メディア