NEWS
■住宅完成見学会(神奈川県海老名市) 詳しくはこちら

フリーダムアーキテクツデザイン

住宅作品集(無料)を請求する お電話でのお問い合せは0120-489-175

住宅取得後に必要な費用

ここでは住宅取得後に必要な費用の一般的なケースを示しています。条件によって必要な費用が異なる場合がありますので、詳細は各機関へご確認ください。神戸で、40坪2600万円の土地に、40坪2100万円の住宅を建てて住んだケースを想定して各費用を計算しておりますので参考にしてください。

不動産取得税

不動産取得税は、土地や建物の不動産を取得した際に、それぞれに一度だけ課税される都道府県税です。評価額によって課税額が異なりますが、条件を満たせば軽減措置を受けられます。
【土地の不動産取得税】
 土地の評価額×1/2(注)×3%-控除額(下記のいずれか多い額)
  イ:4万5千円
  ロ:1㎡当たりの土地の評価額×建物の床面積の2倍(200㎡を限度)×3%

※軽減措置を受けられる土地の条件

 ・建物が下記の条件を満たす場合
 ・取得してから3年以内にその土地に住宅を新築した場合
 ・未入居の土地付き住宅を取得した場合
 ・住宅を新築してから1年以内にその土地を取得した場合
 (注)軽減はH27.3.31まで

【建物の不動産取得税】
 (建物の評価額 – 下記の控除額)× 3%
 認定長期優良住宅 1300万円
 一般の住宅    1200万円

※軽減措置を受けられる住宅の条件

 ・床面積が50平米以上240平米以下の場合

40坪2600万円の土地で40坪2100万円の住宅に住む場合
(長期優良住宅の場合)軽減措置適用のもの
土地不動産取得税
1900万円(評価額)×1/2×3%-85万円0万0千円
建物不動産取得税
900万円(評価額)-1300万円0万0千円

合 計0万0千円

固定資産税

固定資産税は、土地や建物を所有している場合に毎年課税される市町村税です。課税の対象は毎年1月1日時点での不動産所有者となっていますので、年の途中で取得した場合はその翌年からの課税となります。(注)
 (注)土地を取得したのちに、建物完成が1月1日をまたいでしまった場合、住宅用の課税ではない固定資産税の請求がくる可能性があります。詳しくは各市町村までお問い合わせください。

【土地の固定資産税】土地の評価額×1/6×1.4% (200平米以下の場合)
          土地の評価額×1/3×1.4% (200平米を越える場合)
【建物の固定資産税】建物の評価額×1.4%×1/2 (注)
(注) 軽減措置1/2は以下の条件を満たす場合に限られます。
1/2の軽減
 ・新築住宅
 ・居住部分の床面積が全体の1/2以上の場合
 ・床面積が50㎡以上240㎡以下の場合(120㎡まで適用)

軽減の年数
 ・一般の住宅                  3年間
 ・3階建以上の耐火・準耐火           5年間
  または認定長期優良住宅
 ・認定長期優良住宅の3階建以上の耐火・準耐火  7年間

40坪2600万円の土地で40坪2100万円の住宅に住む場合
(長期優良住宅の場合)軽減措置適用のもの
土地固定資産税:1,900万円(土地評価額)×1/6×1.4%4万4千円
建物固定資産税:900万円(建物評価額)×1/2×1.4%6万3千円

合 計10万8千円

都市計画税

都市計画税は、土地や建物を所有している場合に毎年課税される市町村税です。課税の対象は毎年1月1日時点での不動産所有者となっていますので、年の途中で取得した場合はその翌年からの課税になります。(注)
(注)土地を取得したのちに、建物完成が1月1日をまたいでしまった場合、住宅用の課税ではない固定資産税の請求がくる可能性があります。詳しくは各市町村までお問い合わせください。
【土地の都市計画税】土地の評価額×1/3×0.3% (200平米以下の場合)
          土地の評価額×2/3×0.3% (200平米を越える場合)
【建物の都市計画税】建物の評価額×0.3%

40坪2600万円の土地で40坪2100万円の住宅に住む場合
軽減措置適用のもの
土地固定資産税:1,900万円(土地評価額)×1/3×0.3%1万9千円
建物不固定資産税:900万円(建物評価額)×0.3%2万7千円

合 計4万6千円

固定資産税、都市計画税の支払いは!?

固定資産税と都市計画税は、年四回に分割して支払う方法と一括で支払う方法があります。納税通知書が送られてきますので、自分の都合に合わせて納めましょう。


耐久消費財購入費

耐久消費財購入費は、新築時におけるカーテンや照明器具、家具、エアコンなどの購入費用です。
【耐久消費財購入費】マイホーム新築:260万円
          建売住宅   :195万円
          マンション購入:153万円
          ※消費実態調査 (住宅金融公庫調べ) より

40坪2,600万円の土地で40坪2,100万円の住宅に住む場合
耐久消費財購入費150万0千円

合 計150万0千円

住宅取得後に必要な費用のまとめ

一般的に、住宅を取得した後には以下の費用が必要になります。
一時的に必要な費用
 ・不動産所得税
 ・耐久消費財購入費

継続的に必要な費用 (年度を重ねるにつれて減額されます)
 ・固定資産税
 ・都市計画税

40坪2600万円の土地で40坪2100万円の住宅に住む場合
不動産取得税0万0千円
耐久消費財購入費150万0千円
固定資産税10万8千円
都市計画税4万6千円

合 計165万4千円


その他の費用について

フリーダムの設計監理費用 土地購入に必要な費用 住宅建築に必要な費用 融資(ローン)に必要な費用 住宅取得後に必要な費用 建て替え時に必要な費用



フリーダムでは、家づくりに欠かせない資金計画についての様々なお悩み、疑問にお答えいたします。個別相談となりますので、じっくりお話いただけます。資金設計は無料です。

ご相談の予約はこちら

お急ぎの方はコールセンターまでお電話にてご予約ください。
コールセンター:0120-489-175 (9:30〜21:00受付)

家づくり無料相談会
失敗しない為のデザイン住宅無料セミナー開催について フリーダムの土地探し 建築実例 費用について フェイスブック始めました
無料資料請求はこちらから